なぜ大戸屋は、アジアで大人気なのか

秘訣は、進出先企業との上手な結婚と離婚!?

大戸屋のタイ・バンコクのエスプラネード店。定食の価格は、現地でも日本円で800~1000円前後。高いのに、なぜアジアで大人気なのか?

前々回のコラム「カレーのココイチが、タイで人気沸騰のワケ」は、おかげさまで読者の皆様から大きな反響があった。「なるほど、日本の外食チェーンが海外で成功をするには、こうすればいいのか」「カレーがデートに使われるなんて!アジア=低価格とは限らないんだ!」などといった具合だ。

そこで、せっかくなので、再びアジアで奮闘をしている外食チェーンを紹介させていただく。とりあげるのは、街の定食屋さんとしておなじみの「大戸屋」だ。1958(昭和33)年に創業した「駅前食堂」の同社が、なぜ海外で大人気なのか?

ズバリ、キーワードは「戦略的結婚と離婚」だ。今回は、企業が海外に進出する際、現地のパートナー企業との戦略的提携や関係の解消は、どのように行われるのか。また、たとえうまくいったとしても、どうすれば円満な関係を続けられるかなどについて、読者のみなさまと考えていきたい。

「大戸屋の大成功の秘密」を語る前に

海外旅行をするとわかるが、大戸屋は、アジアを中心にグローバル展開を進める定食チェーンの勝ち組の1社だ。特にアジア各地では「高級和食チェーン」として大人気だ。現地の人々は「焼きほっけ定食」や、「黒酢あんかけ定食」などを、白米や味噌汁と一緒に「うまい、うまい」と食べているのである。

たとえば、タイで大戸屋の定食を注文したら、メニューにもよるが300バーツ前後だ。ということは、日本円なら800円程度、場合によっては1000円にもなる。日本とまったく遜色ない価格なのに、それでも大人気なのだ。

現在は、台湾、香港、タイのほか、シンガポール、インドネシア等にも進出中だ。では、なぜ大戸屋はアジアで大人気なのか?ほとんど知られていないが、その裏には、同社の緻密な「結婚」と「離婚」戦略があるのだ。

その戦略を詳しく解説する前に、まずは筆者のコンサルタントとしての経験談を「予備知識」として、入れていただきたい。実は、日本企業が現地企業と提携する場合、多いのは「ビビッと婚」だ。

ちょっと古い言葉を使ってしまったが、要は、大手企業でも、市場調査や提携候補先のリスト作り、シナジー効果、などを考えて絞り込みをして…とステップを踏んで提携相手をみつけることができるケースは、一部に限られる。「金融機関が紹介してくれた」とか、「トップ同士が知り合いになって、ゴルフをしてお酒を飲んで、意気投合した」などで、決まることの方が圧倒的に多いのだ。

次ページ現地パートナーを選ぶ際、失敗しがちなこと
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。