とんかつバーガーでマックに喝は入るか

4月に投入したばかりのアボカドバーガーと併売

マクドナルドが5月7日から期間限定で販売する「とんかつマックバーガー」のバリューセット

予想外の新メニュー投入は反撃の狼煙か、それとも、戦略混迷の象徴か。

日本マクドナルドは5月7日から同月下旬までの期間限定で「とんかつマックバーガー」を販売する。Mサイズのポテトとドリンクが付いたバリューセット価格で699円(税込み)。ビッグマックのセット(627〜699円)やモスバーガーの「ロースカツバーガー」(ポテトSセット700円)とほぼ近い価格設定だ。

ターゲットは揚げ物好きの男性客を意識している。会社側は「食べ応えがあり、和食の定番であるとんかつを片手で楽しんで欲しい」(広報担当者)と説明する。

アボカドはどうなるのか

ただ、ここで1つの疑問が浮かぶ。4月中旬から大々的に販売を開始したばかりの期間限定メニュー「アボカドバーガー」はどうなってしまったのか。

現在、マクドナルドは「アボカドビーフ」「アボカドチキン」「アボカドえび」の3種類のハンバーガーを展開している。4月15日に商品発表会を開き、サラ・カサノバ社長自らが「母親など女性をターゲットにした商品」と説明した。当時のリリースを見ると、販売期間は4月17日から5月下旬までとなっている。

同時に、子ども向けにハッピーセットのおもちゃを強化したり、食べ物と一緒に入れられる「ハッピーセットボックス」を投入。子連れ客の取り込みを進めている。

次ページ商品戦略が迷走?
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
パナソニック<br>100年目の試練

27万人の従業員を抱えるパナソニック。津賀一宏社長は「テスラとともに成長する」と語るが、盟友テスラがパナ元副社長を引き抜くという仰天人事も。EVに命運を託す巨艦の行方は?