STAP騒動…日本の科学はダメなのか?

田原総一朗×丸幸弘「日本の科学と教育を変えよ」

今、日本の科学が揺らいでいる。STAP細胞発見によって「リケジョの星」などとメディアが持ち上げた小保方氏は、晴れ舞台から一転、現在はバッシングのただ中にいる。日本が誇るお家芸のひとつ「科学」はいったいどうなってしまったのだろうか?
科学を身近なものにする小中高校での「出前実験教室」を手掛け、科学・技術ベンチャーへの育成、投資も行うリバネスの丸幸弘代表取締役CEOと、ジャーナリストの田原総一朗が、科学、ビジネス、教育そしてメディアについて幅広く語り合った。
ジャーナリスト田原総一郎氏と理系ベンチャー経営者丸幸弘氏が激論!(飯田橋のリバネスのオフィスにて)

 ※前編記事:田原さん、「科学」で稼いでもいいですか?はこちら

勉強と学問は異なるもの

田原:丸さんはご著書の中で「勉強と学問は違う」ということを強調されていますね。

:学問は「問い」を立てるところからスタートします。勉強はそれがないから楽だとも言えますし、苦しいとも言えます。僕自身も学生時代そうだったのですが、環境問題に取り組みたかったのに、指導教官から「藻の糖脂質の研究をしなさい」と言われて、反発を覚えたこともありました。なぜそんな「勉強」をしなくちゃいけないのかと。でも、そうやって勉強を続けていると、あるときふとそこから自分なりの「問い」が見つかることがある。

でも、多くの人が「学問」にたどり着く前に大人になり社会に出てしまう。勉強と学問は両輪であるべきなのに、今の学校教育にはその要素が入っていない。これは問題だと思っています。

田原:僕も日本の教育は間違っていると思う。小学校から高校まで「正解のある問題」の解き方しかしか教えていない。それを繰り返すばかりでは、子どもたちが自らクエスチョンを生み出したり、問いにたどり着くことはない。疑問を基にしたディスカッションも行われない。だから丸さんが重視している情熱=パッションも湧き上がってこない。

一時、ブームになったハーバード白熱教室は正解のない問題をぶつけ、議論することが中心だった。議論するから物を考える力がつき、コミュニケーション能力も身に付いていく。日本の教育にはまるでそういう要素がない。なぜこんなことになったんでしょう?

:理由はわかりません。僕はリバネスの活動を通じて、少しずつ学校教育を変えようとしていますが、もっと根本の部分をガラッと変えないとヤバイと思います。

次ページ日本で面白いのは、やっぱり孫正義社長
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
情報の裏側<br>ググるだけではカモられる

スマホの登場で簡単に情報を手に入れられるようになった。一方、エセ情報も氾濫。情報洪水の舞台裏と、荒波を泳ぎ切る実践スキルを紹介する。佐藤優氏、池上彰氏…情報賢者が登場。