カーナビ縮小で大苦戦する、JVCとパイオニア

進化するスマホで破壊される、日本の得意分野

スマートフォンの普及に押されて、カーナビ市場が縮小しています。スマートフォンのカーナビアプリや地図アプリは、低価格で比較的性能も高いということで、需要が増えているのです。こうした背景から、カーナビ業界は苦戦を強いられ、2013年4~6月期は大手4社のうち3社が営業赤字を計上しました。

カーナビで縮小するカーナビ市場。JVCKENWOODも苦戦する大手の一角(撮影:尾形 文繁)

カーナビを主力とするメーカーは、今後、明るさが見えてくるのでしょうか。今回は、JVCケンウッド(以下、JVC)とパイオニアの財務内容を分析します。

カーナビ不振で減収減益になったJVC

まずは、JVCの2013年4~6月期の決算内容を見ていきましょう。まずは、収益性を調べるために損益計算書(9ページ)を開きます。「売上高」は、前年同期である2012年4~6月は731億円、2013年4~6月は698億円と減少しました。

これは冒頭でも触れましたように、主力のカーナビ製品が不振であったことが原因です。手軽に使えるスマートフォンのカーナビアプリを利用する人が増えた一方で、カーナビを付け替えるユーザーが減ってしまったのです。

次ページスマホに押されっぱなしのカーナビ
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。