「仕事の細部」でバレる!デキない人の3欠点

「資料作り」が典型的!…あなたは大丈夫?

独り善がりな資料を作ってしまってはいませんか?(写真:xiangtao / PIXTA)
「学歴・頭のIQ」で、「仕事能力」は判断できない。仕事ができるかどうかは、「仕事のIQ」にかかっている。
『世界中のエリートの働き方を1冊にまとめてみた』と『一流の育て方』(ミセス・パンプキンとの共著)が合わせて25万部突破の大ベストセラーになった「グローバルエリート」ことムーギー・キム氏。
彼が2年半の歳月をかけて「仕事のIQの高め方」について完全に書き下ろした最新刊『最強の働き方――世界中の上司に怒られ、凄すぎる部下・同僚に学んだ77の教訓』は、早くも20万部を突破、翔泳社主催の「ビジネス書大賞 2017」の大賞を受賞し、世界6カ国で翻訳も決定するなど、世界中で注目を集めている。
本連載では、ムーギー氏が「世界中の上司に怒られ、凄すぎる部下・同僚に学んだ教訓」の数々、および「日常生活にあらわれる一流・二流の差」を、「下から目線」で謙虚に紹介していく。
本連載の感想や著者への相談、一流・二流の体験談・目撃談はこちら

読む人のことを考えていない「二流」の資料

グローバルエリートファンの読者の皆さま、お待たせしました! 待望の「ムーギー・キムのグローバルメールマガジン」が、ついに創刊しました。0号(サンプル)は無料でお読みいただくことができます。詳細はこちら

「うわー、なんやこの本!! とんでもない秘密があるやないか~~!」

これは、私の著書『最強の働き方』に施したさまざまな秘密のこだわりがついにバレてしまったときの、読者の皆さまからの衝撃の反応である。

その詳しい顚末については後述するが、往々にして「一流の仕事」というのは、誰も気づかないところにも「隠れたこだわり」が満載なものである。

たとえば飲食店だと、薄くて軽いグラスに1滴も水滴の痕跡がないよう徹底的に磨かれていたりするし、おすしのネタだと、丁寧に切れ目がたくさん入っているおかげで、固いイカもかみやすかったりする。

洋服のデザインでも、一流ブランド「ポール・スミス」はジャケットの裏にも遊び心満載のデザインが隠されていたりする。つまり、「一流の仕事」にこだわる人は、普通の人が気づかない「裏や細部にも徹底的なこだわり」を見せて、私たち凡人に畏敬の念を抱かせるものなのだ。

これに対し、二流の人物は、その人の全体的な欠陥商品っぷりが、細部の破綻に見事ににじみ出るものである。「人が見えない細部の仕事」をおろそかにするため、「人が見ている大々的な仕事」も大変残念なことになっているケースが非常に多いのだ。

「学歴や頭のIQの高さ」と、「細部の仕事にこだわれるかどうか」は関係がない。往々にして仕事能力というのは、ご立派な経歴より「誰も気づかない細部にまで、どれだけこだわれるか」に、もろに出てしまうものである。

それでは、「仕事の細部」を見ただけでバレてしまう、その人の「人格的欠陥」「人間的故障」は何なのか? 細部に差が出やすい「資料作り」を例に取りながら、早速、紹介していこう。

次ページ「この資料、読めません!」
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
IS掃討後も混沌続く中東

IS(イスラム国)の敗退が明らかになりつつある。その掃討に貢献したクルド人勢力が独立の動きを見せ、中東の新たな火種に。特にイラクとシリアで一層の混乱が懸念されている。