「メモ」でバレる!凡人と一流の致命的な差

会議、営業、打ち合せ…あなたは大丈夫?

グローバルエリート流、最強メモのとり方とは?(写真:Komaer / PIXTA)
『世界中のエリートの働き方を1冊にまとめてみた』と『一流の育て方』(ミセス・パンプキンとの共著)が合わせて21万部突破の大ベストセラーになった「グローバルエリート」ことムーギー・キム氏。彼が2年半の歳月をかけて完全に書き下ろした最新刊『最強の働き方――世界中の上司に怒られ、凄すぎる部下・同僚に学んだ77の教訓』が発売と同時に5万部を超えるベストセラーになっている。
本連載では、「最強の働き方~仕事のIQを高めよ」をテーマに、キム氏が「世界中の上司に怒られ、凄すぎる部下・同僚に学んだ『最強の働き方』」を紹介していく。

 

ムーギー・キム氏が2年半かけて書き下ろした「働き方」の教科書。一流の「基本」「自己管理」「心構え」「リーダーシップ」「自己実現」すべてが、この1冊で学べます

「ムーギーさん、執筆に2年半もかかりましたが、ようやく完成しましたね。苦労しましたが、『世界中の上司に怒られ、凄すぎる部下・同僚に学んだ最強の働き方』という切り口でまとめたので、類書のない画期的なビジネス書になったと思います」

これはついに完成した新著『最強の働き方――世界中の上司に怒られ、凄すぎる部下・同僚に学んだ77の教訓』を前に、グローバルエリート2.0ことわたくしムーギー・キムと、東洋経済の担当編集者の中里有吾氏との間で交わされた一言である。

2年半前、私の連載「グローバルエリートは見た!」は「グローバルエリートよ永遠に」を最終回とし、「野生動物のゲーム・ハンティングを止めよ!」という謎の声明文を出して終了した。私はその後、本業のかたわら、2年半の歳月をかけて世界30カ国を飛び回りながら、密かに1冊の本を書き上げてきたのだ。

私が全精力を注ぎ込んでついに完成した新刊が、ようやく発売の日を迎えた。それを記念し、「最強の働き方」をテーマに、私がさまざまなグローバル・キャリアの中で優秀な上司に怒られ、凄すぎる部下・同僚に学んできた「誰にでも実践できる、仕事能力を大きく左右する教訓」を紹介していきたい。

記念すべき第1回目は、すべてのビジネスパーソンの基本中の基本編、「メモ取りの奥義」について、本書の一部をお届けしたいと思う。

次ページ一流のメモは見る人に「安心感」を与える
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
あのころ銀行は<br>無茶苦茶だった

『住友銀行秘史』の著者で元・住銀取締役の國重惇史、元イトマン顧問弁護士の河合弘之、元長銀取締役の箭内昇。平成の金融バブルの最中に起きたイトマン事件の真相と教訓を語る。