トップ営業の手帳が「空白だらけ」のワケ

できる人の「さっさと帰る」4つの技術

「定時に帰るトップ営業」になるための時間管理のコツをご紹介します(写真:Syda Productions / PIXTA)
8年間で800台の高級イタリア車を売り、マネジャーとしても業績最下位の店舗をたった2年で全国トップ3に成長させた高塚苑美氏。その圧倒的な実績から、輸入車業界では「日本一イタリア車を売る女」と言われている。そんな高塚氏の営業パーソンとしてのポリシーは、「効率と数字の両立」。定時に帰ることを意識したほうが、むしろ成績は向上しやすいと断言する高塚氏の仕事術を紹介する。

 トップ営業=長時間労働はウソ!

「トップ営業になるためには、休みもプライベートの時間も削ってとにかく仕事に全力投球しなければいけない」

多くの営業パーソンがこのように考えがちです。就職活動をしている学生の中にも、長時間労働を強いられそうという理由から営業を避ける人が多いようです。

しかし、実はそうでもありません。私自身もそうでしたし、私が知っているトップ営業の方の多くも、職場をさっさと定時にあがっています。

長時間労働になりがちな営業という仕事で、どうすれば、効率と数字を両立できるのか。

その秘密は、時間管理のちょっとしたコツにあるのです。今回、私が実践する時間管理のコツの中から、4つご紹介したいと思います。

コツ1 仕事もプライベートも「一元管理」

仕事の予定は会社支給の手帳に、プライベートの予定はアプリに、などと別々にスケジュールを管理している営業パーソンがとても多いようです。

でも、私は1つの手帳に仕事もプライベートも記入して、1カ所ですべてを把握できるようにしています。

次ページトップ営業の手帳は「空白」が多い
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
情報の裏側<br>ググるだけではカモられる

スマホの登場で簡単に情報を手に入れられるようになった。一方、エセ情報も氾濫。情報洪水の舞台裏と、荒波を泳ぎ切る実践スキルを紹介する。佐藤優氏、池上彰氏…情報賢者が登場。