「仕事の細部」でバレる!デキない人の3欠点

「資料作り」が典型的!…あなたは大丈夫?

そして、世の中の若手ビジネスパーソンを悩ますのが、「パワーポイント」などで資料を作るときに、「美的センスがない」ことがバレてしまうことだろう。

「小さな見た目の差」が仕事の差につながる

【3】作った資料で「美的感覚の欠如」がバレる

「人の第一印象は見た目で9割決まる」といわれているが、これは資料作りでも結構似たようなところがあるものだ。

資料の中身は意外と忘れられやすく、読んでしばらく経つと中身の大半を忘れてしまっているケースも少なくない。

しかし、オジサンが魅力的な女性と会話したときには、会話の中身は完全に忘れていても、「スリムで清楚でキレイやったな~~。俺に少しくらい、気はないのかなぁ……?」という恥ずかしい記憶はあったりする。

つまり、キレイな女性と同様に、資料に関しても「見た目が美しいかどうか」がその印象に大きな影響を与えるということである。

私がその昔、投資銀行部門でミスだらけの資料を作って上司に怒られたときに、「誰がこのフォントやカラーリングをそんなに気にするんですか? もっと提案内容に凝ったら、どないですか!!」と猛抗議したことがある。

すると、「提案内容なんて、どこも同じような内容なんだから、資料の正確さや美しさで勝負するんだ!」と言われてしまい、「なるほど」と納得してしまったものである。

仕事の差は、実は「小さな見た目の差で決まる」ことも多い。ビジネスの現場で使うカラーや形に美的センスがないと、大いに損をしてしまうのである。

次ページでは、「一流の秘訣」は?
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
人生に差がつく経済学<br>行動経済学で賢くなる!

キャリアでも恋愛・結婚でも役立つ、行動経済学。今年、ノーベル経済学賞を受賞した分野だ。人間の非合理的な行動を説明し、働く人に有益。経済学者とライザップ社長の対談も掲載。