文章でバレまくる「永遠に二流の人」の共通点

メール、資料、企画書…あなたは大丈夫?

「一流の文章」が書ける人とそうでない人の違いは?(写真 :xiangtao / PIXTA)
「学歴・頭のIQ」で、「仕事能力」は判断できない。仕事ができるかどうかは、「仕事のIQ」にかかっている。
『世界中のエリートの働き方を1冊にまとめてみた』と『一流の育て方』(ミセス・パンプキンとの共著)が合わせて25万部突破の大ベストセラーになった「グローバルエリート」ことムーギー・キム氏。
彼が2年半の歳月をかけて「仕事のIQの高め方」について完全に書き下ろした最新刊『最強の働き方――世界中の上司に怒られ、凄すぎる部下・同僚に学んだ77の教訓』は、アマゾンでも4日連続で総合1位を獲得するなど、早くも20万部を超える異例の大ベストセラーとなっている。
本連載では、ムーギー氏が「世界中の上司に怒られ、凄すぎる部下・同僚に学んだ教訓」の数々を、『最強の働き方』を再編集しながら紹介していく。
本連載の感想や著者への相談、一流・二流の体験談・目撃談はこちら

読んでいて嫌悪感を呼び起こさせる文章

『最強の働き方』は20万部を超えるベストセラーになっている(書影をクリックするとアマゾンのページにジャンプします)

「うわ~、字、字、字……字だらけや!!」

世の中には、頭は良いし教育水準も高いのだが、いかんせん文章が超絶つまらない人がゴマンといる。いや、ジュウマン、ヒャクマン、イッセンマンはいると言ったほうが正しいだろう。

その特徴は、文章自体がお硬いのはまだしも、なんと言っても読みづらいことだ。百歩譲って内容が濃かったとしても、要領を得ない文章で、何を書いているのかわかりにくく、とにかく読んでいて嫌悪感を呼び起こさせる

これに対し、学歴や頭のIQはそれほど高くなくても、文章だけは恐ろしく読みやすい人もいる。メールでも資料でも企画書でも、「伝えたいメッセージ」がきちんとあり、全体がきちんと整理されていて、場合によっては明快な図解など、文章の内容を上手に伝えるさまざまな工夫がなされているのだ。

「頭の良さや学歴」と「文章能力の有無」は関係ない。原稿用紙に半分でも何か書いてもらうと、その人の文章能力を超えた「仕事のIQ」が如実に現れるものである。

それでは、文章ひとつで、その人のどんな欠点がバレるのか。たかだか原稿用紙半分の文章を読んだだけで、どのような恥ずかしい二流ぶりが露呈してしまうのか。早速、紹介していこう。

次ページ文章を書けないのは「学校教育」のせい?
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
情報の裏側<br>ググるだけではカモられる

スマホの登場で簡単に情報を手に入れられるようになった。一方、エセ情報も氾濫。情報洪水の舞台裏と、荒波を泳ぎ切る実践スキルを紹介する。佐藤優氏、池上彰氏…情報賢者が登場。