デキないオトコが「組織を殺す」2つの理由

デキる人は組織を「人より機能」で見ていた

働く女性たちの足を引っ張る、オトコ社会の組織論。彼らは、何か問題が起った時に「誰かに責任がある」と考えがちです (写真:IYO / PIXTA)

 こんにちは。はたらく女性のかていきょうし、タブタカヒロです。

「はたらく女性のかていきょうし」としてお仕事コンサルをしていると、「ザ・日本のオトコ社会」な組織の中で悩む女性から相談を受けることがあります。組織をまたぐ大型プロジェクトで頑張っている女性の中にも、オトコ社会に足を引っ張られてしまう方って、結構多いんです。

この連載の記事はこちら

オトコ社会の組織論が発動してチームが失敗するのは、たいてい1つの典型的なパターンに集約されます。そこで、ご相談を最後まで聞く前に、こうお答えしています。

デキないオトコは吠える。「いったい誰が悪いんだ!」

「だいたい分かりますよ。オトコどもがみんな「いったい誰が悪いんだっ!」って吠えているんでしょ?」

「え!なんで分かるんですか!?」と驚く女性の皆さんにお伝えしているのが、デキないオトコとデキるひとでは、組織に対する考え方が全く違うということです。それは、以下の2つを観察すると、一瞬で見分けることが出来ます。

①問題解決の仕方

②役割分担の仕方

日本社会にしつこくはびこる、デキないオトコの組織論。今回は、オトコ社会に足をすくわれないためのお作法をご紹介します。

次ページデキる人は原因をソコに求める
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
単身世帯急増時代の社会保障

家族依存型、日本の社会保障はそう表現されてきた。しかし、単身世帯比率が30年間で2.2倍に急上昇、家族内の支え合いが弱体化。社会保障を強化し、単身世帯の高齢化に備える。