デキない男はストレスがもろに「顔に出る」

デキるひとは、顔もカラダも脳も美しかった

仕事に疲れて鏡を見ると、「ヤダ、ひどい顔・・・・・・」と愕然とするときがありませんか?(写真:wavebreakmedia / PIXTA)

こんにちは。はたらく女性のかていきょうし、タブタカヒロです。働く女性にお仕事コンサルしていると、時々こんな一言をぽつりと呟く女性がいらっしゃいます。

「私、最近『ぶちゃいく』になった気がして・・・」

ご本人は容姿も振る舞いも素敵なのですが、仕事が忙しくてストレスが溜まっている時、ふと鏡に映る自分に気づいて「ヤダ、ひどい顔・・・」と愕然としちゃったそうです。

多くの女性は、鏡に映るビジュアルを見て、自分のコンディションを瞬間的にチェックできる。いつでも、素早く、しかも気持ちを高める形で、今の自分を診断する能力の高さにいつも感心させらます。

デキないひとが陥る「ぶちゃいく化」とは?

一方で、こうした「女子力」に欠ける人(男女を問わず)は、仕事でストレスが高まると、パフォーマンスと共にビジュアルも急降下する、「ぶちゃいくスパイラル」にはまりがち。特に、デキないオトコが鏡で見るのは髪型くらい。気づかぬ内に「ぶちゃいく化」が進行していきます。

次ページ「ぶちゃいく」オトコの使う3つの言葉
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
あのころ銀行は<br>無茶苦茶だった

『住友銀行秘史』の著者で元・住銀取締役の國重惇史、元イトマン顧問弁護士の河合弘之、元長銀取締役の箭内昇。平成の金融バブルの最中に起きたイトマン事件の真相と教訓を語る。