デキない男はメール「即レス」に拘りすぎる

デキる人は与える印象の「強烈さ」を重んじる

メールが来たらすぐ返信するのが、デキるひとの条件だと思っているのなら、それは恥ずかしい勘違いです(写真:Rawpixel / PIXTA)

こんにちは。はたらく女性のかていきょうし、タブタカヒロです。「はたらく女性のかていきょうし」としてお仕事コンサルをしていると、時々こんな質問をいただくことがあります。

「メールって、すぐ返すほうがいいんですか?」

“一流の人はメールの返信が早い”という説を耳にした女性からの質問です。確かに、企業の経営幹部クラスになるような超一流の人の中には、メールの返信が尋常ではなく早い方がいます。しかし、このような方は大抵、「メールを即レスする」だけでなく、少なからず「いったい、いつ寝てるんだ?」と思われるくらい一日中仕事をしています。つまり、メールがすぐに、しかも1日中返ってくることが強烈な印象になり、「一流はメールを即レスする」というイメージを定着させているように思います。

単なる「メールの返事が早い人」では意味がない!

この連載の記事はこちら

デキないオトコは「一流の流儀」といった情報に弱いので、単純に「メールを即レスしたら、一流だ」と思い込んでおり、それだけにこだわりすぎるケースをよく見かけます。しかし、残念なことに単なる「メールの返事が早い人」という印象で終わってしまっているケースは少なくありません。

デキるひとの場合、「24時間仕事」型も短時間集中型も、何もメールの返信スピードだけにこだわっているわけではありません。ポイントは、相手に自分の「返信サイクル」を印象付けることです。

デキるひととデキないひとでは、相手に与える印象で差がついているのです。これは、メールの返信法に限らず、仕事上のさまざまなコミュニケーションにおいて言えることです。今回は相手の印象に残るコミュニケーションのお作法について考えていきます。

次ページ何でもメールに頼るデキないオトコ
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
JR九州“脱鉄道”の成算

今年、上場を果たしたJR九州。豪華寝台列車「ななつ星in九州」は話題になった。しかし、人口減少などもあって鉄道事業の先行きは暗い。成長は非鉄道事業の成否に懸かっている。