デキないオトコの「やってはいけない」読書術

デキるひとの秘密は「読後の行動」にあった

デキルひとの読書術とデキないひとの読書術。違いは読後にあるようです(写真:kritchanut/PIXTA)

こんにちは。はたらく女性のかていきょうし、タブタカヒロです。そろそろ残暑も終わり、秋が近づいてきました。秋と言えば「読書の秋」。読書と言えば……デキるフリしたデキないオトコたち(DFDNオトコ)からこんな質問をよく受けます。

1.「どんな本を読んでるんですか?」(好きな音楽何系ですか?的漠然質問)
2.「オススメの本ってありますか?」(コレを読んだら正解!的一冊を教えて欲しい質問)
3.「アレ読みました?良いですよね~」(話題の本を読んだこと・理解したことを自慢したい質問)

これを読めばOK的な本が欲しいだけ

この連載の記事はこちら

いずれも会話が弾まず答えに困る質問です。めんどくさい気持ちを抑えてDFDNオトコにどうしてそれを知りたいんですか?と聞くと……

「読んだ本で、その人がわかるっていうじゃないですか」という回答。回答の背景には「これ読むと一流」的一冊が大好きで、それを読んだオレ、理解してるオレをアピールしたいDFDNオトコ読書の特徴が見え隠れします。

デキるひとたちに話を聞くと「何を読んだか」「理解してるか」への関心は低く、「読んでどう思ったか」「読んで何をしたか」に強い興味を示します。デキるひとの読書術は「読後」に秘密があるようです。読書の季節が近付く今回は、デキないオトコとデキるひとの読書のお作法を分析します。

次ページ脳内の情報処理から差がついていた!
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
途上国の石炭火力支援を<br>日本はやめるべき

アル・ゴア元米国副大統領は地球温暖化対策の重要性を訴え続けている。米国は温暖化対策の枠組み「パリ協定」からの脱退を表明。対策は後退してしまうか。日本がすべきことは何か。