O2Oベンチャーの先駆け、「スマポ」の野望

大丸など600店に拡大!来店ポイントからの進化

O2Oベンチャー、スポットライト社は急速な進化を遂げている

今でこそ、業態を超えてプレーヤーが拡大し続けるO2O(オンライン・ツー・オフライン)だが、黎明期の2011年から、この新しい市場に参入し、実績を積み上げてきたベンチャー企業が存在する。スポットライト社だ。スポットライト社はO2Oの先駆けである強みを生かし、O2Oを大きく進化させようとしている。

同社が提供するスマートフォンアプリ「スマポ」は、消費者が参加企業のリアル店舗に“来店するだけでポイントが貯まる”というO2Oサービス。ポイントというわかりやすい動機づけで集客をする。現在、会員数は数十万人。導入店舗は、大丸百貨店、ビックカメラ、ユナイテッドアローズ、マルイ、ファミリーマートなど、90ブランド、約600店舗にまで拡大してきた。百貨店や家電量販店などの大型店だと月に1万人、年間十数万人来店する店舗もあるという。

スマポのサービス内容については後述するが、ざっくり言ってしまえば、来店すればポイントがつくサービスだ。

集客は、第一段階にすぎない

来店ポイントでの集客。非常にわかりやすい来店促進サービスだが、スポットライト社が最終的に描くO2Oから見れば、ほんの第一歩にすぎない、という。

「今はまだ当社の最終的な目標の3合目でしかない。世間でO2Oが注目されているが、いかに集客するかの話にとどまっている。しかし、O2Oの本質は、ITを使って接客をいかに向上させるか。スマポでの集客は、第一段階にすぎない。上流、下流のサービスと連携し、新しい接客サービスを消費者に提供し、店内にていかに購買を高めていけるか。いよいよその段階に入った」。スポットライト社の代表取締役である柴田陽氏は力を込める。

O2Oでは、ざっくり言うと、消費者に店舗や商品を「認知」させ「来店」してもらい「購買」を促す、という流れがある。スマポは、本来の強みである「来店」を基点に、上流を担う「認知」、来店後の「購買」との連携強化に乗り出したのだ。

次ページワン・ツー・ワンの接客の世界へ
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。