あなたはシリコンバレー基準で戦えますか?

ライフネット生命保険岩瀬大輔社長と語る(上)

「日本人はもっと“アントレプレナリアル(Entrepreneurial=起業家的に)”になるべきだ――」
アメリカ大手ベンチャーキャピタルのDCM本社パートナーとして10年間、起業家の聖地・シリコンバレーで働き続け、3000人以上の起業家と出会ってきた伊佐山元氏は現在の日本を見て、そう語る。本連載のホストである、伊佐山氏は、東京大学法学部を経て日本興業銀行(現・みずほフィナンシャルグループ)に入行、その後、スタンフォード大学ビジネススクールに留学し現在に至る、まさに“日本”と“シリコンバレー”の両方を知る存在。「日本人は世界をもっと知り、世界に出て行くべきだ」と、世界最先端の地から、シリコンバレー流の価値観や生き方、働き方、起業家、トレンドなど、さまざまなシーンを紹介していく。
第1回目は、以前から親交が深く、伊佐山氏曰く、「若い人が目指すべきヒーロー」であるライフネット生命保険代表取締役社長兼COOの岩瀬大輔氏との対談。7月末に『シリコンバレー流 世界最先端の働き方』を出版した伊佐山氏が岩瀬氏と、“シリコンバレー”と“世界”をテーマに、働き方、スタートアップシーンについて語り合う。

日本人は世界最先端を知らない

伊佐山元(以下、伊佐山):岩瀬さんとはライフネット生命保険を立ち上げられた時期からの付き合いで、規制が多く、既得権益のしがらみがある業界で起業し、ずっと「こういう人がヒーローになってほしい」と思っていた。現在、日本で成功し、世界経済フォーラム(ダボス会議)など世界を飛び回り、僕が想像していたような、若い人たちが目指すべきヒーローになった数少ない人。今日は岩瀬さんと「世界で活躍する人材」から「日本のベンチャーシーン」まで幅広く話せればと思っています。

岩瀬大輔(以下、岩瀬):僕の中で「グローバル日本人」と言えば、伊佐山さん。シリコンバレーで10年、ベンチャーキャピタリストをして、シリコンバレーと日本だけでなく、中国のベンチャーの支援もやってきた。ある意味、世界で活躍する“無国籍人”のように見えるのですが、これまでの経歴をどのように振り返りますか。

伊佐山:褒めても何も出てこないよ(笑)。僕がシリコンバレーで働き、さまざまな国のベンチャーにかかわったのには、2つの理由があると思っています。ひとつは、僕ができるかぎりさまざまな場所に「首を突っ込んできた」から。海外の企業は「こいつ便利だから」とかではなく、直接会って感覚が合うから「手伝ってくれないか」と頼まれることが多い。論理的にというより、直感的です。直感だから全員が全員、合うわけではありません。

また、こうした機会は、共通の知り合いからの紹介が多い。これも結局、仲のいい起業家や同業他社、事業会社の経営層といった人からの紹介になる。これも直感的。ただ、こうした直感が合うということは“まれ”なわけで、待っていても何も始まらない。だから、人と出会う機会を数多く作る必要がある。僕はカンファレンスなどに積極的に足を運び、また誘われたら、あらゆる場所・機会に必ず出向きました。シリコンバレーには、起業家のホームパーティなどもよくあるのですが、そこにも足を運んでいますね。

次ページ世界で必要な“アーティキュレート”する力
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。