日本の”シリコンバレー化”が始まった

ライフネット生命保険 岩瀬大輔社長と語る(下)

朝8時――。
雲一つない青空と、澄み切った空気、そして太陽が燦燦と輝いている。通勤途中にある近所のベーカリーでは、朝食会と称して、起業家とビジネスパーソンや投資家が目を輝かせながら、新しい事業について語り合っている。(『シリコンバレー流 世界最先端の働き方』伊佐山元著より)
シリコンバレー在住のベンチャーキャピタリストとして10年間働き、3000人以上の起業家と出会ってきた伊佐山氏の1日は、朝食会から始まる。
相手は、熟練の経営者から創業1年以内の起業家、起業家候補者まで幅広く、年齢も20代から50代までと一様ではない。また、国籍・人種も、欧米系、中国系、韓国系、インド系、ラテン系と多様。
今回、ライフネット生命保険の岩瀬大輔社長兼COOとも、そうした“シリコンバレー流”の一環として、朝食会という形で対談が行われた。

 対談の(上)「あなたはシリコンバレー基準で戦えますか」はこちら

シリコンバレーでは身近な怒りが原動力

岩瀬大輔(以下、岩瀬):伊佐山さんはシリコンバレーで10年間、ベンチャーキャピタリストとして働いてきましたが、シリコンバレーの起業家はどういう人が多いのですか。

伊佐山元(以下、伊佐山):シリコンバレーの起業家に会って面白いと思うのは、身近な怒りや不満、不便さから会社を作る人が多いことです。わかりやすい例で言うと、元アップルでiPhoneやiPodの開発を行ってきたトニー・ファデル。彼は、自分のサマーハウス(別荘)にあるサーモスタット(自動温度調節装置)が30年前のデザインのままでインテリジェンス(知性)を感じられないと不満を持ち、iPhoneのインターフェイス同様のシンプルで美しいデザインのサーモスタットを自分で開発してしまった。

さらに、テクノロジーと結び付けて、人の気配を感じ取って生活パターンを学習し、最も効率のいい方法で温度を調節したり、クラウドで管理して家にいなくても温度をコントロールできるようにした。さらに、電気使用量もデータ化して、エネルギー消費を集計できるといった、まったく新しいサーモスタットを作った。

こうしたことは誰もイノベーションだとは考えないけど、全米の家庭にあるサーモスタットが変われば、生活を大きく変えているわけで、重要なことです。

僕の投資先でも、出張先で好きな野球球団の試合が見たいからと自宅のテレビ放送をネット経由でパソコンやモバイル向けに転送する装置を開発した会社がある。シリコンバレーには、こうした事例がごろごろ転がっています。

岩瀬:世の中の95%の人は「あったらいいな」と思っても、「なんでないんだろう」と愚痴として終わってしまいます。普通、作ろうとも作れるとも思わない。だけれど、起業家の多くは、そういう限界を感じずに、「欲しいものを作る」というところに面白さがありますよね。

同様に仕事でも多くの人が「政治が~」「景気が~」と愚痴りますが、起業家の人たちは、つねに前向きで現状に不満はないし、不満があったら自分で解消するように動く人が多い気がします。

次ページ日本は起業する条件が全て整っている
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
JR九州“脱鉄道”の成算

今年、上場を果たしたJR九州。豪華寝台列車「ななつ星in九州」は話題になった。しかし、人口減少などもあって鉄道事業の先行きは暗い。成長は非鉄道事業の成否に懸かっている。