ライフネット、出口&岩瀬「新体制」の狙い

出口・次期会長に聞く、“成長加速”戦略

ライフネット生命の朝会に臨む、出口治明・次期会長。

ライフネット生命はインターネット専業の生命保険会社(ネット生保)の草分けとして知られる。

設立時の目標である「創業5年以内に保有契約件数15万件以上」を4年半で達成。出口治明社長、岩瀬大輔副社長の「2トップ体制」は知名度が高く、特に若い世代から絶大な支持を得ている。

この4月にはスイスの大手再保険会社スイス・リー社と業務提携契約を締結。スイス・リー社がライフネット生命の筆頭株主に躍り出た。

一方、昨年3月に東証マザーズに上場した後は、前2013年3月期の新契約件数が前々期の12年3月期と同水準(約6万件)にとどまるなど、「成長鈍化」も指摘されている。今14年3月期は、開業以来5年間に限って認められていた広告宣伝費などの資産計上(保険業法113条繰延資産)が終了することから、損益へのマイナスインパクトが大きくなる。

成長の壁をどう乗り越えていくのか。6月23日の株主総会後に代表取締役会長兼CEO執行役員に就任する出口氏に、事業の展望と戦略について聞いた。

岩瀬氏のダボス会議出席きっかけで提携関係に

――スイス・リー社との提携にはどんな意味がありますか。

当社は世界で唯一上場しているネット生保だ。2011年1月のダボス会議で、岩瀬が当時のスイス・リー社のCEOと出会ったことがきっかけで、提携関係構築につながった。当社の潜在的成長力に期待して投資をしてくれた。

次ページ楽天本格参入でネット生保は競争激化
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
あのころ銀行は<br>無茶苦茶だった

『住友銀行秘史』の著者で元・住銀取締役の國重惇史、元イトマン顧問弁護士の河合弘之、元長銀取締役の箭内昇。平成の金融バブルの最中に起きたイトマン事件の真相と教訓を語る。