9月の秋相場は、波乱の予感

方向感のない相場は、疲れるから嫌い

相場は徐々に商いが薄くなり、煮詰まってきた感があるが、その割には、日中の株価の変動幅は依然大きい。儲けるのはなかなか難しそうだが、カリスマ投資家の内田衛氏はこの間、どんな取引をしていたのか。どうやら、1銘柄に1回だけ、買いを入れただけだったようだ。今後の相場観についてはどう考えているのか、「株日記」をのぞいてみよう。
(撮影:尾形 文繁)

外食の低位株・ジーテイストを買い増す

【8月5日(月)】神戸物産(3038)子会社で外食のジー・テイスト(2694)を60円で2300株買う。注文は60円で1万6000株買い注文を出していたが、一部約定。8万4000株保有しており、10万株にするための買い注文。

【8月6日(火)】NYダウは、46ドル安の1万5612ドルと小反落。日経平均は、一時200円安もあったが、大引けでは、143円高の1万4401円と上昇した。5月23日までの相場では、日経平均とNYダウは連動していたが、最近は方向感のない相場で、短期でやるとしても難しい相場だ。私はこういう相場は疲れるので、見ているだけにしている。

【8月7日(水)】NYダウは、93ドル安の1万5518ドルと続落。日経平均は、576円安い(4%)1万3824円と大暴落。下げ幅は今年4番目の大きさ。上げるときはゆっくりだが、下げる時は早い。宝くじを買うつもりで、期日間際のプットオプションを買ってみても面白いかも。

【8月8日(木)】NYダウは、48ドル安の1万5470ドル。日経平均は、後場寄りに200円高し、1万4000円台を回復したが、大引けでは219円安の1万3605円と下げ止まらず。6月27日以来の安値。

次ページオプション取引は、やっぱり面白い
関連記事
Topic Board トピックボードAD
人気連載
Trend Library トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
トヨタの焦燥<br>トランプ 次世代車 ケイレツ<br> 3つの難題

エコカーの金看板「プリウス」に大逆風。トランプ大統領が「米国に工場作れ」と名指しで批判。アップル・グーグルが参入し、次世代車の開発競争激化。トヨタの変革は急ピッチで進む。