トランプ大統領「機密情報漏洩」が招く危機

信頼関係が崩れることが最も怖い

同盟国から得た機密情報を漏らしてしまったトランプ大統領。その代償は大きい(写真:ロイター)

誰かに秘密を伝えるということは、信頼関係なしにできるものではない。同盟国に機密情報を伝えるのも、これと同じである。トランプ米大統領は同盟国からもたらされた機密情報をロシアに漏らしたことで、信用ならない人物だと自ら表明したようなものだ。これによって、米国の安全保障は深刻なダメージを負った。

諜報活動における信頼関係は崩れやすい

機密情報の共有は、相互の信頼関係に基づいており、その構築には何年もかかる。そこには互いに危険を冒して得た情報を保護することも含まれる。諜報活動における信頼関係は崩れやすいものだ。裏切りだけでなく、ミスによる情報漏洩によってですら、関係は切れてしまう。トランプ氏が行った行為とは、まさにこのことだ。

同氏がロシアに伝えたのは、ノートパソコンに爆弾を仕込んで旅客機を墜落させるというイスラム国(IS)のテロ計画だが、実行場所など欧州の同盟国に伝えられていない情報が含まれていた。

コーツ米国家情報長官と米国に存在する16の諜報機関のトップにとっての問題は明白だ。トランプ氏は国家の最高機密を守るつもりがあるのか、ということである。これは諜報機関と大統領の関係を根本から覆す問題だ。

次ページ海外にいる米国の諜報協力者にとっても深刻だ
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
集中連載 電力の大問題<br>再生エネルギーの大競争

パリ協定を機に有力投資家も注目し始めた再生可能エネルギー。グーグル、アマゾンなどの巨大企業がしのぎを削る。中国も脱炭素化に本腰を入れる。出遅れた日本の対応は?