経営統合に注目、外食の低位株を買ってみた

参議院圧勝を、市場はこれからどう評価するのか

あれよあれよという間に、日経平均は1万4000円台後半へ。NYダウは史上最高値を更新してきた。カリスマ投資家の内田衛氏は、この「ビミョー」な相場でどんな取引をしていたのか……。

第1四半期は営業赤字になってしまった吉野家。今後に注目だ(撮影:梅谷 秀司)

【7月5日(金)】引け後、吉野家ホールディングス(9861)は、2014年2月期第1四半期決算を発表した。売上高は26億3500万円増加し425億3700万円となったものの、営業利益は3億0400万円の利益から7億5000万円の赤字となった。

決算短信によると、原材料価格の高止まりなどの影響と書かれているが、吉野家は4月18日から牛丼並盛を380円から280円へ値下げしている。

円安も進み5月29日の株主総会に出席したとき、こんな状況で100円も値下げして大丈夫か?と思っていたが、やはり恐れていたことが現実となってしまった。いろいろ理由があるのだろうが、売り上げが増えても、赤字転落では話にならない。国策の2%インフレ目標に逆らうような値下げ戦略で驚いたが、その結果、赤字。いずれまた値上げしたりして、コロコロと価格を変えるのなら、それはいかがなものか?

【7月8日(月)】先週末、赤字転落した吉野家HDの終値は、2400円安の11万5000円とあまり下げなかった。この銘柄は、年間配当2000円と株主優待が1株で年間6000円(お食事券300円券が20枚)と配当+優待利回りが約7%と高利回りだからではないか。日経平均株価は、高く始まったものの、アジア安で200円安の1万4109円。

次ページ株価は100円台。あの外食関連株に投資
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
あのころ銀行は<br>無茶苦茶だった

『住友銀行秘史』の著者で元・住銀取締役の國重惇史、元イトマン顧問弁護士の河合弘之、元長銀取締役の箭内昇。平成の金融バブルの最中に起きたイトマン事件の真相と教訓を語る。