30代以上シングルはマンションを買うべきか

家賃と同じ負担なら、買ったほうがおトク?

やっぱりマンションは買ったほうが良い?でも結婚したら?あらかじめ計算をすれば不安がなくなる(写真:nimame / PIXTA)

東洋経済オンラインの読者の皆さん、はじめまして。ファイナンシャルプランナーの北野琴奈です。これから定期的に不動産にまつわるお話をとりあげて行きたいと思います。どうぞよろしくお願いします。

家賃と同じ負担ならマンションを買うほうがよい?

さて、今回は主にシングルの読者向けに「マイホームを買うべきか、賃貸のまま過ごすべきか」というお話をしたいと思います(もちろん、ご家庭をお持ちの方もぜひお読みください。戸建てでもかまいませんが、ここではマンションに絞ります)。「マイホーム購入」というと通常、ファミリー層を思い浮かべることが多いかもしれませんが、今はそうとも限りません。

シングルでも30代くらいになると、自身の将来についてより具体的に考え、その過程で住宅購入を検討する方も珍しくありません。

「毎月のローン返済・維持費が家賃と同じくらいであれば、買っちゃった方がいいんじゃない?だって毎月高い家賃払っても、しょせん自分のものになるわけではないからもったいない」。シングルの方からも、このような声を耳にする機会が以前より増えたと感じます。特に、賃料が高い東京などの都心部ではそう感じるのも無理はありません。昨今の晩婚化も影響しているのでしょう。

さらにこの「思い」に拍車をかけるのが、マイナス金利政策です。物件価格は高止まり傾向とはいえ、「金利負担がこれだけ少なくマイホームを購入できるのなら」と、心が動くこともあるようです。

もちろん、そうは言っても「やっぱり賃貸の方が気楽だからずっと賃貸で良い」、という声も少なくありません。このあたりは個人の価値観・人生観の問題もあります。モチベーションが高まる、毎日の生活が楽しくなるなど、「マイホームを持つこと」の優先順位が高い方にとっては、金銭上の損得だけでは測れません。

こうした中、住宅購入を考えるシングル女性の多くが漠然と不安に感じるのは、「もし今、家を買っても結婚したらどうするのだろうか?」ということです。

次ページ買った後、どうすれば後悔しないで済むか
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
人生に差がつく経済学<br>行動経済学で賢くなる!

キャリアでも恋愛・結婚でも役立つ、行動経済学。今年、ノーベル経済学賞を受賞した分野だ。人間の非合理的な行動を説明し、働く人に有益。経済学者とライザップ社長の対談も掲載。