カンボジア人に学ぶ、「恩返し」の作法

同じ仏教徒でも、これだけ違う!

各国の人々との付き合い方の秘訣を探る「グローバル接待の作法」。今回、取り上げるのはカンボジア。地雷、内戦というイメージが強い国だが、1998年以降は情勢は安定。急速な経済成長によって中産階級が勃興し、来年にはイオンが巨大モールをオープン予定であるなど、ビジネス面でも注目度が増している。
その一方、仏教徒としての慣習を守る生活、特に「上下関係」や「恩返し」についての考え方には、日本人としてハッとするところがある。カンボジア大使館一等書記官のシム・ヴィリャさんに聞いた。
カンボジア大使館一等書記官のシム・ヴィリャさん

――カンボジアというと、アンコールワットなどの観光と並んで、やはり内戦のイメージが強くあります。まずは、カンボジアの現状から教えていただけますか?

ヴィリャさん:私はビジネスが専門ではないので、一般的なお話になるということをご理解ください。またカンボジアではクメール人が90%、中国系が1%で、それぞれ考え方は違います。私はクメール人の立場からお話しします。

ご存じのとおり、カンボジアには内戦があり、平和になったのは1998年以降です。1991年にパリ和平調停がありましたが、クメールのゲリラは継続していた。1998年にフンセン首相のWin-win政策を行って、クメール人の軍隊を消滅させ国の軍と統一し、そこから1998年以降に発展したのです。

この15年間は経済に集中して成長してきました。2004〜2008年までは毎年2ケタ成長、2009年は世界不況で速度を落としたものの、昨年は7.3%の成長率。世界銀行によれば2015〜2018年までこの成長率を維持できるだろうと言われています。

日本企業がここ2年で倍増

――これだけ成長が著しいと、日本企業の進出も増えていそうですね。

ヴィリャさん:1人当たりのGDPが1000ドルを超えました。そうするとLower-middle income statusに変わります。そこで中流階級の購買力がターゲットになり、イオンが来年オープンする予定です。在カンボジア日本商工会の会員は2010年50社でしたが、2012年には100社となりました。製造業が多いのですが、サービス業、観光業も増えてきています。

しかしながら、過去にタイムロスがあったので、まだまだ若い国なのです。今、成長をしつつありますが、まだ100%投資家の方に応えられなかったり、不備がある場合もあります。これから改善していきますので、戦争が終わってまだ15年ということを理解していただきたいです。

次ページ地雷がある場所は限られている
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
情報の裏側<br>ググるだけではカモられる

スマホの登場で簡単に情報を手に入れられるようになった。一方、エセ情報も氾濫。情報洪水の舞台裏と、荒波を泳ぎ切る実践スキルを紹介する。佐藤優氏、池上彰氏…情報賢者が登場。