日本人とフィリピン人の“ウマが合う”理由

アジアにあって、西欧のノリがわかる国?

日本人にとってフィリピンは長年、アジアの中でももっとも親しみの持てる国のひとつだ。その理由について、考えてみたことがあるだろうか?
その背景には、フィリピン人ならではのユニークな国民性がある。知られざるその特徴について、また、最近話題の英語教育、ナニーについてまで、フィリピン大使館の商務参事官の ディタ・アンガラ・マサイさんと、商務官のフロライン・エミルD. パミントアンさんに聞いた。
 

――フィリピンはアジアの中でも、とてもユニークな国ですよね。国民の83%がキリスト教徒と、ASEANで唯一のキリスト教国。そして公用語は英語。アジアの中で、最も西欧に近い感覚を持っていると言えるでしょうか。

マサイさん:ええ、そこがフィリピンの強みのひとつです。私たちは非常にたくさんの国の影響を受けています。

音楽や歌が好きなことはラテンの影響を受けていますし、食事やライフスタイルの中にスペインの言葉や中国の言葉、そしてアメリカの習慣などが入っています。国民の多くがキリスト教徒のため、物事の考え方、価値観、ビジネスの仕方などの軸が、キリスト教から作られています。でも人を大切にし、大きな意味での「家族」を大切にするアジアの心も持っています。アジアと西欧をうまく融合させているのです。

国の中にはイスラム教の人もいますので、ほかの宗教の人も尊重しています。このことからフィリピンの人はさまざまな文化を理解し、適応する能力が高いのです。日本の企業には日本式に、韓国の企業であれば韓国式に合わせます。そして次の強みは英語を話すということです。英語はイギリス英語やアメリカ英語とは異なりますが、普通に話します。

イングリッシュでなく、タグリッシュ?

――契約書などもすべて英語ですか?

マサイさん:はい。契約書などはアメリカの方式に近いです。契約書を作成する場合は専門の会社を通して、弁護士をつけて英語で作成します。そこから必要であればそれぞれの地域の言葉に直します。

――地域の言葉は80ぐらいあるそうですね。

マサイさん:たとえばパミントアンさんは3つの地域の言葉を話しますよね?

パミントアンさん:はい、そうです。また、英語の中に地域の言葉が混ざることもありますね。

次ページ多くの韓国人が、フィリピンで学ぶ
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
日銀総裁 黒田東彦<br>知将の誤算

知を何よりも重んじる「主知の人」黒田・日銀総裁。自らの知見を結集した「異次元緩和」の挑戦は誤算の連続。それでもなお、2%の物価上昇率への執心は変わらない。人間・黒田を追う。