シンガポールの執拗さを学んだ中国

中国や韓国からナメられないためには(上)

中国はシンガポールjから学んでいる?(中国・蘇州)

シンガポールのリー・クアンユー元首相(89歳)が倒れた。報道などによると、脳の血行障害で2月15日に入院後、17日に退院したと、息子のリー・シェンロン首相からの声明が出された。春節(旧正月)の最中で、シンガポール国民は驚いたが、現在は自宅で療養中とのことだ。高齢だけに心配だ。

そんな中、シンガポールのアメリカンクラブで日本人経営者の北原氏(シンガポール、中国、米国で海外生活計12年、72歳)とジェームズ氏(英国滞在20年のシンガポール人経営者、52歳)とビンセント氏(日本と英国への留学経験の長いシンガポール人弁護士、58歳)と、筆者の4名で会食をした。話はリー・クアンユー氏退院の話をきっかけに、最近の中国がいかに同氏の影響を受けているか、という話題になった。

「徹底していた」リー・クアンユー元首相

彼らによると、実は中国の習近平・共産党総書記は、江沢民・元国家主席の紹介で、この数年間はリー・クアンユー氏からの帝王学の指導を受けており、中国の政治運営には、多大なるシンガポール的な要素が見られるというのだ。

次ページリー・クアンユー氏の政治手法の極意とは?
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
ジリ貧からの脱却<br>リース反攻

リース取扱高は10年で4割減少。伸び悩む設備投資、低迷する利ザヤ、規模拡大の限界…三重苦にあえぎ、かつての市場規模は望めない。リース大手3社トップが語る生き残り策。