最新!「ビジネス書」トップ200冊ランキング

1位は引き続き「学力の経済学」

『「学力」の経済学』がヒット街道を驀進している(写真:On and On / PIXTA)

毎週月曜日夕方に配信している週間(日曜日から土曜日まで)アマゾン「ビジネス・経済書」ランキング。本日お届けするのは、10月16日から22日のランキングだ。なお「前週順位」については前週に発売されて初登場する書籍には「NEW」と記載、前週順位が1000位以下の場合には「-」と記載している。

先週(10月16~22日)のランキングでは『「学力」の経済学』が2週連続でトップに輝いた。これはTBS系列『林先生が驚く 初耳学!』の効果だ。9月25日に続いて10月9日の放送でも著者の中室牧子氏が登場したことで大きく注文が伸びたという。昨年6月に発売となった本だが、まるで新刊本のような売れ行きをみせている。

2位は『最強の働き方』。7週連続でトップを守ったが、その後は4週連続で2位の座を守っている。

次ページ以降、196位までの200冊ランキングを掲載する。今売れているビジネス・経済書を知るための参考にしてほしい。

次ページ1~50位は?
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
地震と原発災害<br>原発最後の選択

四国・伊方原発、北海道・泊原発の地震対策に学者から異議が相次ぐ。地震の揺れの過小評価や活断層の見落としだ。電力会社任せの対策は疑念がぬぐえない。検証方法の確立が待たれる。