アマゾン売れ筋ビジネス書ランキング200冊

小山昇著「IT心理学」が1位に

11月第1週の売れ筋は?(写真:w/b / PIXTA)

毎週月曜日夕方に配信している週間(日曜日から土曜日まで)アマゾン「ビジネス・経済書」ランキング。本日お届けするのは、10月30日から11月5日のランキングだ。なお「前週順位」については前週に発売されて初登場する書籍には「NEW」と記載、前週順位が1000位以下の場合には「-」と記載している。

1位に輝いたのは、小山昇氏の最新刊『IT心理学 ―ブラック企業を脱却し、ホワイト企業になるための55の心得』(プレジデント社)。残業に頼っていた体育会系体質のブラック企業から脱却し、ホワイト企業になるためには「IT」を活用するべき、と説く。心理のツボを押さえることにより、目覚ましい効率の向上を図れるという。

前週の275位から一挙にトップに躍り出た格好だが、当初発売日が10月28日であったところ10月31日になったことから注文が跳ねたようだ。11月1日(火) に日本経済新聞への広告掲載があったことも、大きく跳ね上がった要因のひとつといえそうだ。

次ページ以降、トップ200冊を紹介する。ビジネス書を選ぶうえでの参考にしてほしい。

 

次ページ1~50位は?
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
大ヒット愛国映画『戦狼』に見る<br>中国の拡張主義

世界の歴代映画興行収入トップ100に、アジア映画で唯一ランクインしている『戦狼』。実はプロパガンダ作品だ。「アフリカの友人」を高らかにうたい、中国企業のアフリカ進出を促す。