マイホーム購入で数百万円損する「罠」とは?

不動産広告で見破れ!

どんな広告にしたら、物件をより高く、より早く売ることができるだろうか?」
不動産会社では、日夜このような議論が交わされている。広告をどれだけ魅力的にするかは、その物件が売れるかどうか、ひいては自分のボーナスや会社の業績に直結する、不動産会社の生命線だからだ。
もちろん、不動産広告には厳しいルールがあり、まったくのウソを書くことはできない。だからこそ不動産業界は昔から、ある手口を磨いてきた。それが、「勘違いと幻想を生み出す手口」だ。
「こちらがだましたのではない。お客さまが勘違いしただけだ」
「ウソは言っていない。勝手に幻想を抱いていただけだ」
もちろん良心的な不動産会社も多いが、このような言い訳ができるギリギリのラインを狙った広告は、今でも数多く目にすることができる。本連載では不動産広告の「罠」を解説する書籍『不動産広告を読め』を上梓した筆者が、マイホーム購入で損をしないためのプロの「眼」を公開する。

2014年4月から、消費税が8%に増税される可能性が濃厚だ。それを見越して、不動産会社の宣伝活動が活発化している。

1997年4月に消費税が3%から5%になる直前にも、不動産業界にはいわゆる駆け込み需要が訪れた。人生における買い物で最も高額な不動産は、消費税の上がる前と後では支払金額が何百万円も違うのだから、駆け込み需要が起きるのも納得できる。

しかし、不動産会社はそれを狙っている。増税まで時間がないことを強調し、あなたが不動産の知識を得る前に、なんとしても売ってしまおうという流れがかならず起きるだろう。増税後には売りづらくなるのがわかっているのだから、どうにかして増税前に売ろうとするのは、容易に想像がつく。

そんな状況で不動産を購入し、失敗してほしくない。そういう目的で、本連載を始めることにした。もちろん、広告だけですべての不正や欠陥を判断することはできないが、不動産を見る最初のステップとして、広告はあなたが思っている以上の情報を与えてくれるのだ。

ミッション1 購入後に数百万円損する「罠」を見破れ

最初のミッションは、広告から「知らずに買うと数百万円損する罠」を見抜くものだ。下の広告を見てほしい。この広告は、購入後に数百万円もの損をする典型的な事例なのだが、どこに「罠」が潜んでいるのだろうか? まずはヒントなしで、考えていただきたい。

この広告は説明のために筆者が作成したものであり、実在の物件とは一切関係ありません
次ページ実はこの物件、「○○」が受けられないんです
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
情報の裏側<br>ググるだけではカモられる

スマホの登場で簡単に情報を手に入れられるようになった。一方、エセ情報も氾濫。情報洪水の舞台裏と、荒波を泳ぎ切る実践スキルを紹介する。佐藤優氏、池上彰氏…情報賢者が登場。