消費増税前の住宅駆け込み需要は期待できるか

積水ハウス VS.大和ハウス

昨年夏頃から、住宅市況が好調です。下の表を見てください。

これは、「新設住宅着工」の推移を表したグラフです。住宅を新築するとき、建築主は都道府県知事に工事の届け出をします。その件数を月ごとに集計したものが、「新設住宅着工」です。

この表を見ますと、特に2012年8月あたりから90万戸前後の高水準が続いていることがわかります。住宅エコポイント制度が同年7月で終了してしまったにもかかわらず、8月以降も新しく住宅を建てようとする人が増えているのです。

この理由は何でしょうか。2012年8月、野田前首相が掲げた消費税増税法が成立しました。現在5%の消費税率が2014年4月に8%、2015年10月に10%まで2段階にわたって引き上げられるのです。

そこで消費者は、「消費税が上がる前に住宅を買っておこう」と考えて、駆け込み需要が増えているというわけです。政府は増税前に契約した分に関しては、完成が増税前でも元の税率を適用する方針ですが、それでも家を建てる場合には、ほかにも家具や家電製品のような関連消費があるために、早めに建てておきたい心理が働くものと考えられます。

次ページ消費増税は景気に影響を与えないのか
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。