来場4000万人超!スカイツリーの「稼ぐ力」

東武鉄道の6年ぶり好業績を牽引

昨年5月に開業した「東京スカイツリー」(東京都墨田区)。自立式電波塔では世界一の高さ634メートルを誇り、併設する商業施設「東京スカイツリータウン」とともに、早くも東京の観光名所となっている。

施設全体の来場者数は当初想定を大きく超過

スカイツリーを運営する東武鉄道によれば、昨年5月22日の開業から今年3月末までの来場者数は、スカイツリーが約554万人、スカイツリータウン全体が約4,476万人となった。開業時点に想定していた同時点の来場者数はスカイツリーが400万人、スカイツリータウン2750万人。当初の想定をはるかに上回る好調ぶりだ。

スカイツリー効果は、東武鉄道の業績にハッキリと好影響を与えている。東武鉄道の前年度(2013年3月期)利益は、07年3月期以来、6年ぶりの高水準となる。

東武鉄道は4月10日、13年3月期の売上高見通しを5815億円(前期比7%増)、本業の儲けを示す営業利益525億円(同6割増)に上方修正した。昨年10月にも上方修正していたが、さらに営業利益を55億円上乗せした。営業利益500億円の突破は、07年3月期以来となる。

はたしてスカイツリーの「稼ぐ力」はいかほどなのか。詳しく分解してみよう。

次ページスカイツリーの収益はいくら?
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
JR九州“脱鉄道”の成算

今年、上場を果たしたJR九州。豪華寝台列車「ななつ星in九州」は話題になった。しかし、人口減少などもあって鉄道事業の先行きは暗い。成長は非鉄道事業の成否に懸かっている。