次の相場の山で儲ける法、教えます

国債バブルがはじけるとき

正月ということで、今回はお年玉企画。次の相場の山で儲ける方法をあなただけにこっそりお教えしよう。

相場で儲けるための4つの「金言」とは?

第一に、まともな経済学者の言うことを聞いてはいけない。なぜなら、相場はまともな経済理論では動かないからだ。

第二に、立派な行動経済学者の言うことを聞いてはいけない。なぜなら、彼らは金儲けではなく、心理学に興味があるのであり、人間心理としての高尚なトピックにしか興味がないからだ。

第三に、文章のうまいインテリのコラムを読んではいけない。なぜなら、彼らは、いかようにも解釈できる現象を、真実であるからではなく、文章が巧みに書かれていることにより、彼らの望んだストーリーで説得してしまう能力があるからだ。

したがって、相場で儲けるためには、この3つのカテゴリーの人々の話を聞かなければよい。

では、上記のいずれにも当てはまらない筆者が連載しているこのコラムは?

最後のアドバイスは、第四に、知的好奇心を刺激し、それを満たすような話を求めてはいけない。知的好奇心を持ったままでは、市場で儲けることはできない。それを捨てよ。知的に読み応えのあるコラムは読んではいけない。

だから、ここから先を読むあなたは、金融市場で、いや相場で儲けることを諦めた方だ。私は、そういう前提で、今日の話を続けることにする。

次ページ儲けることは放棄できないかもしれないが、読み進めよう
関連記事
Topic Board トピックボードAD
人気連載
Trend Library トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
カカクコム<br>優良児のつまずき

食べログ、価格.comを運営するカカクコム。営業利益率は50%近い超優良児だ。今年2月に上場来初の業績下方修正を発表し、株価は低迷。クチコミビジネスが直面する課題に迫る。