白川総裁は安倍政権の圧力をかわせるのか

明日の日銀金融政策決定会合を予測する

昨年12月の金融政策決定会合で図表を使って説明する日銀・白川総裁

  

哀れである。

ここまで、政治に蹂躙されるとは。しかも、今や、こうやって哀れんでくれるのも、私ぐらいになってしまった。

日銀よ。今、何を思うのか。

今日21日と明日22日は、日銀金融政策決定会合である。そこで、白川方明総裁は、政治からの圧力をどう報告するのか。お通夜のような雰囲気なのか。娘を売った後の父親のような気持ちなのか。白川総裁および日銀の理事などの日銀プロパーのスタッフたちがどういう気持ちでいるのか。

それを考えることによって、明日、発表される政策および、共同文書といわれるものの内容、さらには、発表の記者会見での政治家たちと白川総裁の立ち居振る舞い、そして、彼らのギャップ、さらには、それに対する投資家たちの反応。これらを予測してみよう。

白川総裁は辞任しない

「白川総裁は、なぜ辞任しないのか」。
外資系金融関係者の勉強会でこう聞かれたことがある。

彼は、辞任しないし、これからも辞任しないだろう。白川総裁は、任期満了まで、彼の信じる現状でのベストを尽くそうとするだろう。

彼の考える現状でのベストとは何か。

まず、政治に政治的な抵抗はしない。それは政治が苦手であるだけでなく、政治には抵抗するものではないと思っているからだ。彼は、政治の圧力を、政治家のニーズ、国民のニーズととらえているだろう。

次ページ白川総裁は任期満了までベストを尽くすはずだ
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
原発事業で存続危機<br>東芝「解体」が始まった

原発事業の損失額は7125億円に達し、2016年末時点で債務超過に。名門・東芝は混乱の極みにある。損失がここまで膨らんだ原因に迫る。さらに、まだ残っている4つのリスクも指摘。