独身を謳歌!産まない決断をした女性の信念

生涯ひとりでもこの選択がベスト

朝から運動するのは気持ちがリセットされて心地良いそうだ(撮影:田所千代美)

少子化の今、産まないという考え方は“悪いこと”なのだろうか。

高齢経済社会研究センターでは、厚生労働省が毎年発表する都道府県別の合計特殊出生率について、全国値と比較可能な平成 26 年の都道府県別の合計特殊出生率を計算し、以下のように発表した。

1位:沖縄県(1.88人)、47位:東京都(1.20人)

地方に比べ女性の自立が進んでいる都会では、晩婚化が進み“出産”から少しずつ遠のいてしまう現状がある。このままでは少子化が進み、2060年には65歳以上の高齢者が、日本全体の約40%を占めると言われているのだ。

多くが出産を望み、命が生まれることは素晴らしいことだ。しかし、“産まない”という選択肢を選ぶことも否定はできない。決して子供が望めない体でもない、嫌いなわけでもないが、産む決断と同じように、産まない決断をする女性も増えている。

これまで20代にして産まないことを決意した和香(29)DINKSでいることを選んだ真奈美(36)を紹介したが、今回は独身人生を謳歌しているバツイチの恵美(43)に話を聞いた。

仕事とプライベートは分けて楽しむ

「東京カレンダー」(運営:東京カレンダー株式会社)の提供記事です

仕事は公認会計士、年収は1500万円ほどだという恵美。綺麗に巻かれたロングヘアをかき上げながら答える彼女は、40代と思えない美しさをもっている。個人事務所のため仕事は忙しいが、きちんとプライベートは充実させているそうだ。

ここで彼女のとある一日をのぞいてみた。まずは朝6時頃に起床。酵素ドリンクを飲むところからスタートする。ロシアンブルーの愛猫に挨拶をし、軽いジョギングかヨガ教室に通う。朝から運動するのは気持ちがリセットされて心地良いそうだ。

次ページ結婚にあまり関心がなかった
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。