20代女性が「産まないこと」を決断したワケ

産まないという決断は"悪いこと"ではない

20代で“結婚”からフェードアウトすることを決断した女性は何を思うのか(写真 : Graphs / PIXTA)

産まないという決断は“悪いこと”なのか?

「東京カレンダー」(運営:東京カレンダー株式会社)の提供記事です

少子化の今、この考え方は“悪いこと”なのだろうか。

高齢経済社会研究センターでは、厚生労働省が毎年発表する都道府県別の合計特殊出生率について、全国値と比較可能な平成 26 年の都道府県別の合計特殊出生率を計算し、以下のように発表した。

1位:沖縄県(1.88人)、47位:東京都(1.20人)

沖縄の出生率の高さは豊かな自然に恵まれ暮らしやすい環境であること。住民のコミュニティが強く、協力的な考えが多く支え合う姿勢をとっていることが影響していると思える。

東京都が最下位という理由も、沖縄と比べれば真逆の環境。女性の自立が進み、晩婚化していることも関わってきていると捉えられる。このままでは少子化が進み、2060年には65歳以上の高齢者が日本全体の約40%を占めると言われているのだ。

多くが出産を望み、命が生まれることは素晴らしいことだと思う。しかし、“産まない”という選択肢を選ぶことに否定はできない。決して子供が望めない体でもない、嫌いなわけでもないが、産む決断と同じように、産まない決断をする女性も増えている。

今回、東京カレンダーでは“産まない”ということを決断した女性の現状と考え方を、この連載で明らかにしていく。第1回は29歳の和香さんだ。

次ページ20代で“産まない”を決断した和香
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
朴槿恵大統領の罪と罰

韓国検察は朴大統領を同国憲政史上初めて立件した。親友を不当に国政へ介入させた容疑だ。支持率は史上最低の1ケタ、政権はもはや死に体。対日関係は再び不安定化するのか。