方針を示せない指導者は、それだけで失格だ

松下幸之助は、常に明確な方針を示し続けた

松下幸之助は「わしは方針というものをいつも明確にしてきた」と語った(撮影:高橋孫一郎)

「わしはいままで長いあいだ経営というものに携わってきたけど、方針というものをいつも明確にしてきたな。こういう考え方で経営をやるんだ、こういう具体的な目標を持って経営を進めるんだ、こういう夢を持っていこうやないか、と常に従業員の人たちに話し続けてきたんや」

この連載の一覧はこちら

もし方針がはっきりしていなければ、部下はどう動いていいのかわからない。一生懸命努力して、これならいい結果を出したと思って上の人に報告したら、「そんな結果は期待していなかった」と言われるぐらい辛いものはない。

ましてや叱られ文句を言われたらもう泣きたくなる。それは上の人が悪い。上司あるいは責任者がはっきりと方針を出していないから、そういうことになる。なにげなしに経営されたのでは、下の人が迷惑する。

方針を出せない指導者は、それだけで失格

方針によって社員は自分の努力の方向を知る。なるほど、こういう考え方でやらなければいけないのか、こういう目標に取り組まなければならないのか、とわかる。それだけでなく、理想がはっきりしていれば、自分の努力が結局どこに繋がるのかがよくわかる。だから社員は自分からやる気をだし、一生懸命努力する。たいていは期待通りの結果を出してくれる。すなわち方針を明確にしておくと、部下が育つのである。

方針というものを出せない指導者は、それだけで失格である。

「方針を明確にしておくと、経営者自身も自分の判断や行動の物差しができるから、力強い動きができる。経営をしておると、いつもいつも迷うことが多いわね。右にしたらいいのか、左にしたらいいのか、わからんことばかりや。はっきり見分けられるものなど、案外少ない。そんなときに方針に照らして、右に進んだらいいのか、左に進んだらいいのかを考える。すると、自然にどうしたらいいのかがわかるわけや」

次ページ明確な方針があると、すべてが変わる
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
あのころ銀行は<br>無茶苦茶だった

『住友銀行秘史』の著者で元・住銀取締役の國重惇史、元イトマン顧問弁護士の河合弘之、元長銀取締役の箭内昇。平成の金融バブルの最中に起きたイトマン事件の真相と教訓を語る。