松下幸之助は、繰り返し同じ質問をした

愛情をもって尋ね続けることで部下を育成

松下幸之助(左)はハーマン・カーン氏について何度も繰り返し尋ねた(写真:高橋孫一郎)

松下幸之助のそばで仕事をするようになってから確か2~3年した頃に、米国からハーマン・カーン氏が来ることになった。「日本に行くからには松下さんに会いたい」ということだった。それならば会いましょうということになったのだが、そのハーマン・カーン氏が松下に会う1週間か10日ほど前になったころ、松下は私に突然こう尋ねた。

「今度、ハーマン・カーンという人がやってくるんやけどな、きみ、どういう人か知ってるか」

唐突な質問だったが、私は何の躊躇もなく、立て板に水で巧みに答えることができた。

「ハーマン・カーンという人は米国のハドソン研究所の所長で、未来学者です。そして21世紀は日本の世紀だと言っている人です」

有名人だったため即答できたが・・・

この連載の過去記事はこちら

なぜ即答できたかといえば、当時わが国の政治家が、このハーマン・カーン氏の「やがて来る21世紀は日本の世紀になるだろう」という言葉をしきりに引用しており、それが新聞に載ったり、テレビで放映されたりしていたからである。

私の胸には、突然の質問に即答できた満足感が広がっていた。いつもは「ちょっと調べてきます」などと言ってモタモタしているのだが、今回はきちんと答えられてよかったと、いささか得意なほどの気持ちだった。

松下は私のそのような答えに軽くうなずきながら、「そうか、わかった」と返事をしてくれた。私はおおいに満足して、それから午後は気分よく過ごしていた。ところが翌日になると松下は再び、「きみな、今度、ハーマン・カーンという人がわしに会いに来るそうやけど、どういう人か、きみ知ってるか」と聞く。

次ページ繰り返しの質問に当惑
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • Facebook-
Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
電子部品の大転換 僕らの「クルマ」論

スマートフォンは電子部品業界躍進の立役者。そのスマホの需要が鈍化し始めた。次の成長源は自動車。京セラ、TDK、アルプス電気、3社の社長が描く自動車シフト戦略を探る。

  • 新刊
  • ランキング