成功する経営者は「塩の辛さ」を知っている

松下幸之助が説いた「うまく行く会社の条件」

努力を積み重ねていくことが基本であり、大事なことだ(写真 :bee / PIXTA)

能力は60点でもいい。しかし誰にも負けない熱意がなければいけない。

そして、努力をすることである。昨今の一部の風潮にまどわされてはいけない。濡手に粟というようなボロ儲け、宝くじ的確率に己の人生を賭けてはいけない。こつこつ努力を積み重ねていくことが基本であり、大事なことである。汗を流す。迷うことなく、それを先行させることである。

「知恵無きものは汗を出せ」は間違い

以前、どこかの会社の社長が、「知恵ある者は知恵を出せ、知恵無き者は汗を出せ、それもできない者は去れ」と社員の人たちに言っていたことがある。

松下はその言葉を聞くと、「あかんな、つぶれるな」と言った。

「本当は、まず汗を出せ、汗のなかから知恵を出せ、それができない者は去れ、と、こう言わんといかんのや。知恵があっても、まず汗を出しなさい。本当の知恵はその汗のなかから生まれてくるものですよ、ということやな」

その会社は数年すると、やはり潰れてしまった。

もともと知恵のある人でも、その知恵がそのまま世の中で通用するかといえば、実際には難しい。学者や専門家の意見を聞いていると、私たちはどことなく机上の空論だと感じることが多い。その知恵は社会の波で揉まなければいけない。それが現実の姿である。

次ページ順番が大切
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
あのころ銀行は<br>無茶苦茶だった

『住友銀行秘史』の著者で元・住銀取締役の國重惇史、元イトマン顧問弁護士の河合弘之、元長銀取締役の箭内昇。平成の金融バブルの最中に起きたイトマン事件の真相と教訓を語る。