松下幸之助は初対面での第一声が特別だった

初めて会った日に何を語ったか?

松下は、公の人として自分の責任を自覚し、遂行する意志を持っていた(撮影:高橋 孫一郎)

「きみのお父さんは、いくつや。お母さんは元気か」

大きな机の向こう側から身を乗りだすようにして、初対面の松下幸之助は私に話しかけてきた。

PHP研究所の秘書として採用するかどうかの、最終面接であった。笑顔が実にやさしかった。いくつかの簡単な質問をしたあと、最後に松下は微笑みながら言った。

「きみ、2年間だけでええんや、わしのそばで勉強せえへんか」

松下通信工業から異動

この連載の一覧はこちら

それまでこの異動の話を断ろうと考えていた私は、思わず「はい、お願いします」と返事をしていた。この人の下で働くのは、いい経験になる。2年間だけならやってみてもいい、と思った。

正直なところ、当時はPHP研究所の存在を知らなかった。横浜の松下電器の通信工業にいた私は、若かったからより多くの体験を積みたいと思い「1度、別の職場に移りたい」という希望は出していたけれど、PHP研究所に行きたいということは、その存在すら知らなかったほどであるから、希望の埒外であった。だから、PHP研究所への異動の可能性があると上司から聞かされたときは、不安に包まれた。

次ページPHPとは何をしているところか
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。