松下幸之助が語った「必ず重役になれる方法」

入社1日目、帰宅後に何をするかで決まる

自分の仕事を「好き」と思えるか(写真 : siro46 / PIXTA)

自分には熱意があると感じたとき、その熱意は持続できる正しいものなのか。あるいはどうすれば持続できるのか。

成功するまでは苦労も多い。時間もかかる。だから、自分がやりたいと思うことを実行し続ける原動力を、しっかりと持ち続けることが必要である。

といっても、それは特別のことではない。むしろきわめて平凡で、「なんだ、そんなことか」と思われるようなことだ。

一言でいえば、「自分の仕事を心底、好きになる」ということである。

自分の仕事が心底、好きか?

仕事だからやっているんだ、立場もあるし命じられたからやっているんだ、ということでは、絶対に成功することはできない。というのも、仕事を進めていく過程では、傍らの人が見たら「つらいだろうなあ、気の毒だ」と思うような場合が、しばしばある。うまくいかないときは、仕事のことがいろいろと気になって、夜も眠れない。友人に「おまえ、そんなに苦しんで、いったいどうなっているんだ。大丈夫か」と言われるようなこともあるかもしれない。

しかし傍目(はため)にはそういう状態であっても、自分自身としては少しも苦痛ではない、仕事のことを考えることが、面白くて面白くてしようがないんだ、と思えるかどうか。

たとえば、芸術家でも同じである。絵を描くことが好きだから、画家になることができる。嫌いな人は、どれほど勉強したとしても上手になれない。しかも、好きな人の中でも、優れた画家になれるのは、ごくわずかの人たちである。ましてや、好きでない人が秀でるということは、ありえない。もし役者であれば、たとえ悪党の役でも、その役にほれこまなければ、いい悪党の役を演じることはできないだろう。

次ページ松下幸之助はどう語ったか?
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
あのころ銀行は<br>無茶苦茶だった

『住友銀行秘史』の著者で元・住銀取締役の國重惇史、元イトマン顧問弁護士の河合弘之、元長銀取締役の箭内昇。平成の金融バブルの最中に起きたイトマン事件の真相と教訓を語る。