実は失礼!誤解を招く英語の「人物描写」

「あなたは世間知らずの小娘」?!

性格や外見を表すその英語表現、実は失礼にあたるかもしれません(写真 :xiangtao / PIXTA)
 「英語公用語化」を推し進める楽天など、多くの企業研修の場でビジネスパーソンに英語を教えてきた英会話イーオンの人気講師、箱田勝良氏。これまで約1万人に教えた経験から、多くの人に共通する「弱点」が見えてきたといいます。今回のテーマは、うっかり失礼になってしまいがちな「人物の描写」です。

 

「すごく可愛い娘がいるんだけど、週末会ってみない?」

と同僚のハナコさんに言われて、はりきって週末のデートに出かけて行った筆者の後輩・タロウくん。素敵な女性との結婚を目指し、目下婚活中なのです。でも月曜日、出社してきたタロウくんは「そこまで可愛くなかった」と不満げ。女性の思う「可愛い」と男性の思う「可愛い」は、意味が違うと力説していました……。若干どうなんだろうと思うコメントでしたが、男女の間に横たわる永遠のテーマなのかもしれません。

これは価値観の違いから生じた行き違いですが、英語で人の話をするときに、使う単語で印象が大きく変わってしまうことがあります。気づかずに悪い印象を与えてしまったり、まったく違う意味で伝わってしまったりすることもあります。あなたにその意図がなくても、その人のことを嫌っている、よく思っていないなんて誤解されることもあるかもしれません。

今回は人の性格や外見の話をするときに、よく日本人がする英語表現の間違いを紹介します。婚活はともかく、ビジネスでは、「○○さんは、△△な人だよ」と伝えた相手から、「聞いてた話と違った!」なんてクレームを受ける状況は避けたいものですよね。

白熱してつい……!

この連載の過去記事はこちら

ある外資系企業でディスカッションのレッスンをしていた時のこと。4人ずつのグループに分かれて、時事ネタを議題に意見を言う練習をしていたのですが、ひときわ盛り上がっているグループがありました。そのグループには、ユーモアたっぷり、英語も何となく関西弁のジロウさんと、みんなに「姉御」と呼ばれている元気で面倒見のよい、リーダー的存在のナナコさんがいました。この2人が、まるで夫婦漫才でもしているかのようにノリノリで話していたのです。

このグループでは「列に割り込みされて腹が立ち、人をホームに突き落とした」というニュースの記事について4人でディスカッションをしている最中に、「割り込みされたらどうする?」という話になったようです。ジロウさんもナナコさんも「その人に後ろに並ぶように言うよね!」とうなずきあっていたのですが、ジロウさんが、おっとりとしていてやや引っ込み思案のミナコさんに意見を求めたときに事件が起きました。

次ページいったいどんな事件が起きた?
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
情報の裏側<br>ググるだけではカモられる

スマホの登場で簡単に情報を手に入れられるようになった。一方、エセ情報も氾濫。情報洪水の舞台裏と、荒波を泳ぎ切る実践スキルを紹介する。佐藤優氏、池上彰氏…情報賢者が登場。