人民元「基軸通貨化」を促す決済インフラ戦略

中国の強かな国際化政策の裏側にあるもの

強かに人民元の基軸通貨化を進める、中国の決済インフラ戦略とは?(写真 : leungchopan / PIXTA)
自動車が道路の上を走るように、通貨は「決済インフラ」の上を走る。決済インフラの整備度合いは、その通貨の地位に大きく影響を与える。
人民元の基軸通貨化を進める中国は、どのような「決済インフラ戦略」を持っているのか。話題の書『決済インフラ入門』を上梓した宿輪純一氏が解説する。

決済インフラはまさに“道路”

決済に関する基礎をすべて網羅。どの本よりもわかりやすく「決済の全体像」が理解できる一冊(書影をクリックするとAmazonのサイトにジャンプします)

「決済」は「運輸」と似ている。たとえば、自動車が道路を走っているように、おカネが決済インフラの上を走っていると考えるとわかりやすい。決済インフラの中でも「高速道路」のようなものがある。インターチェンジで方向を変える。いずれにせよ、素早く、効率的に、決済ができるようになる。

中国で、昨年リリースされた人民元の国際決済インフラ「CIPS(Cross-Border Inter-Bank Payments System:クロスボーダー人民元決済システム)」は、中国と海外をつなぐ人民元(決済)の高速道路ということができる。それに、みずほ銀行と三菱東京UFJ銀行の2行が認可され、その高速道路で走ることができるようになる。

動きが急な決済インフラであるが、今回は人民元の国際化と決済の問題に焦点をあてる。

次ページ新決済インフラCIPSとは
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。