マイナス金利でも「外部環境次第」は変わらず

物価上昇につながる経路は不透明

 1月29日、日銀は金融政策決定会合で、封印していたマイナス金利の導入に踏み切り、目標に掲げる2%の物価安定目標達成に強い意志を示した。金融市場は株高・円安で反応し、日銀の「奇襲」が成功したように見える。都内で外為取引会社で撮影(2016年 ロイター/Yuya Shino)

[東京 29日 ロイター] - 日銀は29日の金融政策決定会合で、封印していたマイナス金利の導入に踏み切り、目標に掲げる2%の物価安定目標達成に強い意志を示した。金融市場は株高・円安で反応し、日銀の「奇襲」が成功したように見える。

ただ、黒田東彦総裁の説明からも、マイナス金利の導入が物価上昇につながる経路は不透明なままだ。物価2%の達成は、依然として外部環境の動向次第という構図になっている。

QQEの限界露呈

黒田総裁は、これまで一貫してマイナス金利の導入に否定的だった。それが一転して導入となった背景に何があったのか──。

1つには、「2年で2%」の掛け声が、4年目に入っても実現できていないことが影響している可能性がある。

目安とする消費者物価(除く生鮮食品)の前年比上昇率は、足元でゼロ%程度に低迷。想定外の原油価格の下落が主因とは言え、達成時期の安易な先延ばしを続ければ、日銀の本気度が再び疑われるとの声も、密かに日銀内でささやかれていた。

次ページ市場では限界説
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
JR九州“脱鉄道”の成算

今年、上場を果たしたJR九州。豪華寝台列車「ななつ星in九州」は話題になった。しかし、人口減少などもあって鉄道事業の先行きは暗い。成長は非鉄道事業の成否に懸かっている。