普段着としてもイケる卒入園の「セレモニー服」

「さりげないんだけれど、しゃれてる」の正解

間近に迫りつつある、卒入園にぴったりなセレモニー服をピックアップ。注目ブランドの新作をひと足早く紹介します(写真:Domani編集部)

子どもの卒入園用に高価なツィードジャケットやスーツを買ったはいいものの、なかなか出番がない。そんな経験はありませんか?

当記事は、Domani(ドマーニ)公式ウェブサイトの提供記事です

昨年秋にデビューし、人気急上昇中の〝#Newans〟からこの春、新しく加わるセレモニー服ならそんな心配はご無用。キーアイテムでもあるシャツをベースに、ワンピース見えする上品なセットアップやオフィスにも対応可能なパンツなど、普段着としても活躍するアイテムがズラリ登場するんです! しかも、そのすべてのアイテムは、どうコーディネートしても合うように綿密に計算されているんだとか。

「さりげないれど、しゃれてる」が叶うセレモニー服

トルソー着用のジャケット13,600円・トップス10,000円・パンツ11,800円(すべて税抜)(写真:Domani編集部)

「ママの気持ち、わかってるな~」と思ったら、2児の母として、実際に学校行事のドレスコードを熟知するスタイリスト亀恭子さんがこのセレモニー服の開発に関わっているんだそう。さすがです、亀さん!

トルソー着用のブラウス9,000円・スカート10,900円(ともに税抜)(写真:Domani編集部)

セレモニーにも対応できるけれど、かしこまらず、普段着としても活躍する服。それって、日本中のワーママがのどから手が出るほど欲しているもの。

保護者会あとに撮影現場へ、打ち合わせ後に学校へ。なんてことも多いので、私はネイビーのワンピース見えするきれいめブラウスとAラインのスカート(画像・右)をオーダーしました。これから活躍してくれそうな予感大!しかも、こちらのアイテム、シワになりにくいのはもちろん、自宅でざぶざぶお洗濯もOK。助かります。

セレモニー迷子になっている方に強くおすすめしたいです。

(写真・文/川口ゆかり)

川口ゆかり
女性誌やWeb広告でエディターとして活躍するかたわら、JSIA飾り巻き寿司1級インストラクター資格を取得。2016年夏より、東京・青山で料理教室『おもてなしごはん東京』をスタート。不定期に飾り巻き寿司レッスンを開催しながら、ファッション誌のフードスタイリングや企業のレシピ開発なども行う。プライベートでは2児の母。おしゃれ業界人がたびたび登場する本人のインスタグラムも話題。
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • 日本の分岐点 未来への対話
  • インフレが日本を救う
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT