「システム建築」の用途拡大と飛躍に向けて

2工場体制の確立で進む安定供給と短納期対応

左:茂原工場、右:千葉工場
建設業界では需要が堅調に伸びている一方で、人手不足などの課題が深刻化している。その課題を解決する工法として期待が高まっているのが「システム建築」という工法だ。その中でも横河システム建築が展開する「yess(イエス)建築」は業界トップクラスのシェアを誇る。年々引き合いが高まる中2019年8月には茂原工場を完成させ、既存の千葉工場と合わせて生産能力を倍増。22年には月産1万トンまで引き上げる計画だというから需要の大きさがわかる。今回は建築部材の安定供給が可能になるとともに「短納期、低価格、高品質」を誇る「yess建築」の強みを深掘りする。

自社専用拠点が2工場へ。部材の安定供給が可能に

2024年度にも全線開通の見通しとなっている首都圏中央連絡自動車道(圏央道)。その圏央道・茂原北ICから約2.5キロメートル、車で約5分という至近距離に、千葉県が新たに整備した「茂原にいはる工業団地」が広がっている。

同工業団地の中で、最も大きな敷地を占めるのが19年8月に竣工したばかりの、横河システム建築「茂原工場」だ。敷地面積11万2921平方メートルに、工場棟、塗装・出荷ヤード棟、事務所棟などが配置されている。同社はこれまで、日本でも珍しいシステム建築専用工場「千葉工場」を有していた。新工場はシステム建築専用工場としては2拠点目になる。

横河システム建築
代表取締役社長
大島 輝彦

同社 代表取締役社長の大島輝彦氏は「茂原工場の完成・稼働により、千葉工場と合わせた生産能力は直近月産7500トンとなりました。今後も設備増強を行い、22年度には月間生産量をこれまでの2倍の1万トンとする計画です。集中購買、一括生産により、『短納期、低価格、高品質』な『yess建築』の部材を安定的に生産できる体制が整いました」と話す。

「yess(イエス)建築」は、同社が展開するシステム建築のブランド名だ。システム建築は、鉄骨、屋根、外壁、建具などの部材を標準化することにより高品質な建物が短工期、低コストで建築できるのが大きな特長だ。その中でも同社の「yess建築」はビルドHフレームによる最大60メートルもの無柱スパンの大空間設計や、建物の幅、長さ、高さなどを1ミリメートルピッチで設計できるなど独自の機能を持つシステム建築となっている。

画像を拡大
「yess建築」の受注実績だけでなく、全国の着工面積に占める「yess建築」のシェアも実勢を伸ばしている

「yess建築」へのニーズは旺盛だ。中でもeコマース(電子商取引)企業は、各地で物流拠点の整備を進めている。一方で、原材料費や人件費の高騰、ボルトなど建設資材の不足、溶接工などの職人やエンジニアの人手不足、建設会社やファブリケーター(鉄骨加工業者)の減少などに伴う繁忙などにより、これらの開発や投資が計画どおりに進んでいないのが現状である。

その課題解決を実現するのが「yess建築」だ。システム建築の大きな利点の1つは、品質・工程管理が容易なことだ。部材が標準化されているため、高品質の加工や施工ができる。

次ページ建築の課題解決につながるさまざまなメリット
お問い合わせ
横河システム建築
  • 〒273-0026千葉県船橋市山野町47-1 横河ウエストビル
  • 0120-43-4550