リサイクルに革命!古紙「その場で」再生紙に

機密情報を完全抹消、紙の購入量も削減

ビジネスの現場では日々膨大な量の紙が消費されている。デジタル化技術やITの発達によってペーパーレス化も進んでいるが、依然として紙の必要性はなくならない。そうした中、環境負荷への影響をはじめ紙使用によるデメリットを克服するだけでなく、さらに企業価値の向上に寄与する革新的な小型製紙装置「RECOTiO」が登場した。「オフィスで古紙を再生する」という新発想が企業にどのような価値をもたらすのか、その特長に迫った。

オフィスで再生紙をつくる新しい紙利用の形

ビジネスの現場では、日々ありとあらゆる文書の作成に膨大な紙が使われ、そして破棄されている。

数字もそれを物語っている。日本は世界屈指の紙生産・消費国だ。日本製紙連合会の発表によると、日本の紙の生産量は世界第三位。一人当たりの年間消費量は、驚くことに200キログラムを超える。周知のとおり、紙の原料の多くは木材であり、リサイクル率が向上してきているとはいえ、紙の消費はすなわち森林資源の破壊に直結してしまう。

もちろん、デジタル技術やITの発達によってペーパーレス化も進んでいるが、ビジネスシーンや職種によってはデジタルで代替不可能な紙の価値が求められる場合もある。

紙は視認性が良く、直感的な理解をもたらすため、人間の脳で把握・判断しやすいという利点がある。よって、長文資料や提案書、またアイデアワークなどでは紙が使われることは依然として多く、これからもデジタルに完全に取って代わられるということはないだろう。

ならば、使用した紙を自社内でリサイクルし、繰り返し使うことができれば、紙のデメリットである環境への影響という側面も解決できることになる。小型製紙装置「RECOTiO(レコティオ)」は、それを実現する機械だ。

環境・社会に貢献し企業価値向上に役立つ

古紙をセットし、スタートボタンを押すだけの簡単な操作で作業が可能

「RECOTiO」は、使用済みの用紙を「その場で」再生紙によみがえらせるというこれまでにない発想で開発された小型製紙装置である。

最大の特長は、古紙100%の白い用紙に再生できるところだ。しかも、シュレッダーにかける必要がなく、紙の繊維を傷めず、紙の劣化を抑えられるため、繰り返し半永久的に紙を再生し続けられる。

オフィス内で用紙がリサイクルされ循環することにより、紙を新たに購入する量を大幅に減らすことができる。

次ページ水だけで古紙をほぐし、再生紙をつくりだす
お問い合わせ
デュプロ精工
  • 和歌山県紀の川市上田井 353
  • 0736-73-6233