カヤックがウェディング事業を始める理由

「面白法人」はどこまで本気なのか?

ウェディング事業に参入した面白法人カヤック。新しい挙式の形を作れるか

「既存事業とのシナジーが薄いように見えるかも知れないが、2016年度の数字を見てから判断して欲しい」――。昨年11月、カヤックの2015年12月期第3四半期決算説明会で、ウェディング業界への参入について勝算を問われた柳澤大輔CEO(最高経営責任者)は、こう力を込めた。

2014年に上場した同社の創業は1998年と、ネット業界では古参だ。これまで “面白法人カヤック”を標榜し、広告コンテンツ開発やスマホゲーム開発・運営などを手掛けてきたが、なぜ、このタイミングでウェディング分野に進出したのか。

新たな収益柱を作れるか?

本業の調子は、悪くない。2015年度の通期業績は増収増益の計画だ。足元の主力事業のスマホゲームは「ぼくらの甲子園!」が堅調で、売上高の半分以上を占めて業績を牽引している。

ホームページにある事業紹介。マンガ雑誌をテーマにした企業サイトは類を見ない

もう一つの柱である広告コンテンツの受託開発では、2015年にサンリオのテーマパーク「サンリオピューロランド」の集客企画として手掛けた「ちゃんりおメーカー」が大ヒット。自分や友人に似せてサンリオ風のキャラクターを作れるアイデアが受けて、昨夏のサービス開始から累計1900万人超が利用するサービスとなった。

しかし、変動が激しいゲーム頼りの一本足打法は経営上のリスクが大きい。受託開発はヒットを生み出しても、自社事業ではないので収益貢献は一過性のものに過ぎない。そこで、収益に占めるゲームへの依存度を下げると同時に、継続的な収益柱となる事業を広く育てていく狙いだ。

次ページハードルは高い
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。