アマゾンが火をつける、超高速EC配達バトル

王者アマゾンは1時間、楽天は20分!

アマゾンは超高速ECサービスで、プライム会員を囲い込む (撮影:尾形文繁)

「1時間便、オーダー入りました!」

注文が入ると倉庫内にベルの音が鳴り響き、それと同時にスタッフが大声で連絡。即座に商品のピッキングなど、配送に向けた作業が始まる。アマゾンが11月に始めた「プライム・ナウ」は、最短で1時間以内に商品を受け取れる高速配送サービスだ。

即日配送の次は即時配送へ。ネット通販(EC)の高速化は、とどまるところを知らず、なお加速し続けている。

都内西部から配送を開始

東京・世田谷区の住宅街の一角。最寄り駅から徒歩数分の距離に、プライム・ナウの拠点である3階建ての倉庫が建つ。この倉庫で扱う商品数は食品や日用品、おもちゃ、書籍など約1万8000点だ。11月に新宿区や大田区などの都内8区でサービスが始まり、12月には多摩川を挟んで隣接する川崎市北部にも対象地域を広げている。

アマゾンがプライム・ナウを投入するのは、米、英、イタリアに続き、日本が4カ国目だ。2014年12月に米ニューヨークのマンハッタンでサービスを開始。都市圏のサービスとして、今や東京も含め25都市で展開している。プライム・ナウはスマートフォンアプリのサービスで、年額3900円の「プライム会員」が2500円以上の買い物をすると利用できる。ユーザーは注文の際、1時間以内に配送する1時間便(890円)と、時間帯を指定でき最短2時間以内で届く2時間便(無料)を選べる。

1時間便の場合、注文は午前6時から午後11時59分まで可能で、配送時間は午前6時から深夜1時だ。海外は深夜0時までの配送だが、日本は深夜の注文が多いことから、初めて1時に延長した。2時間便は24時間注文可能で、配送は午前6時から深夜0時までとなっている。

次ページ超高速の仕組みは?
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
情報の裏側<br>ググるだけではカモられる

スマホの登場で簡単に情報を手に入れられるようになった。一方、エセ情報も氾濫。情報洪水の舞台裏と、荒波を泳ぎ切る実践スキルを紹介する。佐藤優氏、池上彰氏…情報賢者が登場。