精密装置支える「はんだ付け日本代表」の底力

アドバンテストの品質は「人の手」が生み出す

肉眼では見えないほどの小さな部品を相手に、顕微鏡で「はんだ付け」する佐々木雪乃さん

学生時代などに体験した方もいるだろう。融点の低い合金を溶かし、プリント基板と電子部品を接着する「はんだ付け」。そのはんだ付けの“日本チャンピオン”が、半導体製造装置大手のアドバンテストにいる。

2015年6月5日に東京ビッグサイトで開催された「2015IPC はんだ付けコンテスト日本大会」。女性初の優勝をおさめたのが、佐々木雪乃さんだ。佐々木さんは、アドバンテスト群馬工場で半導体製造装置に組み込まれる、プリント基板のはんだ付け作業に携わっている。「はんだ付け歴」は実に14年になる。

大会の競技内容は「簡単だった」

同大会は2013年から開催され、今回が3回目。毎年40社ほどが参加している。競技では、プリント基板と部品が配布され、制限時間内にはんだ付けする。競技中はつねに判定員が作業者の後ろに立ち、はんだ付けの正確さやスピード、作業手順などに目を光らせる。2015年の競技は、制限時間40分間で、LEDを光らせるためのプリント基板に約90個の部品をはんだ付けする、という課題だった。

佐々木さんは大会に向けて特別に訓練したわけではなく、日々の業務で培った技術で優勝をおさめたという。「課題は目で見える大きさの部品をはんだ付けするだけだったので、簡単だった」と言ってのける。

次ページ普段の業務は?
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。