ミドリムシジェット燃料、実用化へ動き出す

ユーグレナが30億円で実証プラント建設

ミドリムシ由来のバイオジェット燃料がいよいよ実用化へ(撮影:風間仁一郎)

「ミドリムシで世界を救う」とうたうユーグレナが12月1日、バイオジェット燃料開発に本腰を入れることを明らかにした。2020年の国産バイオジェット燃料の実用化へ向けて、30億円を投じて日本初のバイオジェット燃料実証プラント(9000平方メートル)を横浜市の旭硝子京浜工場敷地内に建設。2018年前半に稼働する予定だ。

バイオジェット燃料のほか、2014年7月からいすゞと共同実証実験を行っているディーゼル燃料の次世代型の開発も同時に進める。30億円の資金は、ユーグレナ単独での投資となるが、2013年11月の公募増資で調達した74億円から拠出する。

会場にはB787や、いすゞのディーゼルバス

画像を拡大
12月1日の発表会では国産バイオ燃料計画の関係者らが顔を揃えた(撮影:風間仁一郎)

発表会場となった全日本空輸の機体メンテナンス用格納庫の巨大空間には、ミドリムシ由来のバイオジェット燃料を搭載する予定とされるB787や、いすゞのディーゼルバスが並んだ。

また、ユーグレナの出雲充社長のほか、林文子横浜市長やバイオジェット燃料の共同研究を進めてきた全日空の殿元清司専務、ディーゼル燃料の共同開発を進めるいすゞの細井行会長、プラント建設を請け負う千代田化工建設の澁谷省吾社長、そして原料調達を請け負う伊藤忠エネクスの長尾達之介専務ら関係者が顔をそろえた。

次ページ用途広がるミドリムシ
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。