世界初、iPS細胞を使って失明を防ぐ

加齢黄斑変性の治療で経過は良好

日本の進んだ再生医療の研究開発を象徴するiPS細胞(資料:理化学研究所/先端医療振興財団)

2014年9月、iPS細胞(人工多能性幹細胞)から作った細胞が初めてヒトの患者に移植され、大きな話題となった。作ったのは網膜の細胞、網膜色素上皮シート。この再生医療の新たなステージを切り開いたのは、理化学研究所の高橋政代プロジェクトリーダーだ。2015年9月8日には、米グラッドストーン研究所が再生医療の進展に寄与した研究者を対象に創設した「オガワ・ヤマナカ幹細胞賞」の第1回受賞者になることが決まった。

1例目の移植手術から1年が経ち、経過は良好であることが報告されたが、3年間の追跡調査が控え、最終的な結果が出るのにはまだ時間がかかる。緊張を強いられる研究が続くなか、高橋博士は瞳をきらきらさせて、iPS細胞による治療について語ってくれた。

手術から1年、1例目の経過は順調

――加齢黄斑変性(解説1<4ページ目>)の70代の女性患者にiPS細胞から作った網膜色素上皮細胞のシートを移植する1例目の手術から、1年が経ちました。この間の経過や、見えてきた課題にはどんなものがありますか。

高橋政代(たかはし まさよ)/理化学研究所多細胞システム形成研究センター網膜再生医療研究開発プロジェクトリーダー。1961年大阪府生まれ。1986年京都大学医学部卒業、1992年同大学大学院医学研究科博士課程修了(医学博士)。米国ソーク研究所研究員、京都大学附属病院探索医療センター助教授を経て、2006年から現職。神戸の先端医療センター病院で臨床医も務める(撮影:梅谷秀司)

1例目の患者さんについては非常に順調で、すべてが想定どおりになっています。もちろん、がん化、腫瘍化はしていませんし、免疫抑制剤を使っていませんが拒絶反応も起きていません。手術前には眼球注射による治療を10回くらい続けていましたが、それでもだんだん視力が落ちていました。手術後は注射なしに矯正視力が安定しています。

実際のところ、矯正視力が安定したということに関しては、同時に行った、悪い血管(新生血管)などの病巣を取る手術の効果がいちばん大きい。移植した網膜色素上皮シートが効いているかどうかは現時点では分かりません。この治療は状態を安定させるためのものであり、拒絶反応もなく非常に安全に行えたということで目的を達したと考えています。

今回の1年目の判定では、定期的に行なっていた一連の眼科検査に加え、腫瘍ができていないか、全身の検査も行ないましたが異常は検出されませんでした。それから、移植したシートが1年後の今でも生着していることを確認しており、これは過去の研究からみれば非常に大きな前進と言えます。

次ページ社会の理解が必要
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
JR九州“脱鉄道”の成算

今年、上場を果たしたJR九州。豪華寝台列車「ななつ星in九州」は話題になった。しかし、人口減少などもあって鉄道事業の先行きは暗い。成長は非鉄道事業の成否に懸かっている。