注意!稼ぐ男にとって結婚は「危ない契約」だ

法律と裁判を知れば、リスクが見えてくる

婚姻届にサインしたことで、稼がない妻が牙を剥く日が来たら…(写真:bee / PIXTA)

──結婚式から半年後、妻は僕に何の相談もなく仕事を辞めた。「結婚しても働く」という約束を破って専業主婦になったのに、家事もろくにしない。僕が夜も仕事で家にいないのをいいことに、友人と遊びに出かける毎日だったようだ。度重なる口論。そして、ついに妻は家を出て行った。

4カ月後、裁判所から連絡がきた。別居した妻が、毎月の生活費を請求しているという。慌てて弁護士に相談したら、自分の年収からすると、なんと毎月18万円を妻に支払う義務があるらしい。そんなバカな。一緒に住んでもいない、しかも働かない妻を、どうして僕が養わなければならないのか。

しかし、弁護士は表情を変えることなく、こう言い放った。

「結婚って、そういう契約ですから」──

結婚は、毎月分配型の債券?

このエピソードは、作り話。でも完全なフィクションではない。現実に起こりうるケースだ。

人生のイベントとして、結婚が大きな節目になることは間違いない。周囲から祝福を受け、2人で役所に婚姻届を出す時は、誰しもが希望に満ちていることだろう。しかし、その一枚の紙が行政に受理された瞬間、どのようなルールで配偶者に対して責任を負うことになるのか、きちんと理解している人はほとんどいない。

メールマガジン「週刊金融日記」著者の藤沢数希氏は「結婚というものは、多く稼いでいる配偶者のキャッシュフローを根拠にした、毎月分配型の特殊な債券。婚姻届に判を押した瞬間から、所得の多い方が所得の低い方へ、お互いが使える金額が同じぐらいになるように、金銭を支払い続ける義務が発生する金融商品と同じ」と語る。

なんとも身もフタもない話だが、たしかに、婚姻届は役所が行う単なる公的証明ではなく、金銭が絡む部分は契約以外の何物でもない。それは単に事実上のものではなく、法律上認められた権利として発生するものなのである。

次ページ別居しても、「妻」を養う義務は続く
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
あのころ銀行は<br>無茶苦茶だった

『住友銀行秘史』の著者で元・住銀取締役の國重惇史、元イトマン顧問弁護士の河合弘之、元長銀取締役の箭内昇。平成の金融バブルの最中に起きたイトマン事件の真相と教訓を語る。